固定表示スペース

お知らせなどをブログのトップページに表示できます。
以下、サンプルの文章です。当テンプレート使用時に削除可能です

当テンプレートは、検索エンジンのみならず、長文を書く人と読む人の両方にも最適化して設計されています。クラスの付け替えでかんたんにカスタムできます。左に表示されている指マークなどの装飾も利用できます。

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられることはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。下のボタンは機能のほんの一例です。

サンプルエフェクト用JavaScriptを読み込んでいると、ここにお試しボタンが生成されます。ブラウザで閲覧している時に反映されるのであって、HTML編集時には変化ありません。

ハトと銅像

そこそこ大きな公園でよく置かれている人の形をした美術作品としての銅像。こちらは数人のもの
鳩と銅像02
そんな銅像の頭や肩にあたる部分に別に珍しい野鳥でもないですけどハトが数羽
鳩と銅像01
鳩にとってはたんなる宿り木程度にしか思えないのですが、ニンゲン目線からみると
単なるオブジェとはいえ、なんだか頭の上がむずがゆく感じてしまう光景でした

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

神明神社に猫一匹

前の記事から引き続き、会津若松市内をお城方面に向かっていくと神明神社という社を発見
神明神社のネコ01 神明神社のネコ02
「さっきの神社とは大きさがだいぶ違うな」と思いつつ立ち寄ってみると、鳥居の向う側の建物に
毛玉のようなものが見えます。とりあえず鳥居をくぐり境内にはいり正面の社殿に参拝
神明神社のネコ06
後日知りましたが正面入り口に面した道路は「神明通り」というそうで(知っている人は
当たり前)、応安2年(1369)神道流槍刀術の祖飯篠山城守家直が勧請した歴史あるお社
神明神社のネコ07
立派な神社ですが、個人的にさきほどの毛玉が気になりしばし近寄ってみることに
神明神社のネコ04 神明神社のネコ03
どうみてもネコ、野良なのでしょうけどうつぶせたままあまり動きません。やっと
顔を上げたのですが顔に傷があり生々しいので写真を加工、少し隠させてもらいます
神明神社のネコ05
野良として生きる中でケンカしてできたのかな?あと人間目線で年を取っているようにも
見えなくもないので動きが鈍かったのかも。それにしてもたまたま立ち寄った
会津の町の神社で続けてネコを見かけるとは、なんとも不思議

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

おやしろのネコ

具体的な住所がわかるものがありませんが、福島県会津若松市内の小さな神社
駅から少し離れた場所ですが通りに面しているので地元の方ならみてわかるかな?
おやしろの猫01
敷地内は社務所も神楽殿など建物は無く社殿がこじんまり鎮座する場所(なぜか机が一台
おやしろの猫02 おやしろの猫03
そんな神社の前を通ると視線を感じ、境内を覗いてみると鳥居のむこうにネコ一匹
おやしろの猫06
あんまり近づいたら逃げてしまうと思い離れてカメラを向けて撮影(あっちはみてますけど
おやしろの猫04 おやしろの猫05
そのうち飽きてきたのか目線をしたのほうに向ける始末、おそらく野良猫なのでしょうが灯籠の下で
しゃんと座っているとなんだか神様の使いっぽくも・・みえないか。単なるネコだし

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)