多治見の「うながっぱ」

先の記事でも紹介しましたが岐阜県多治見市、多治見の町を歩いているとそこかしこに
カッパの置き物を見かけました。とくに良く目についたのは「うながっぱ」というキャラクター
多治見のうながっぱ01 多治見のうながっぱ02
駅とオリベストリートの中間あたりにある土岐川の河川敷にも「うながっぱ」の石像がありまして
夕暮れ時だったので、人もいなかったので撮影し放題。台座にはなかなか良い句が
多治見のうながっぱ03
その名のとおり、特産の「うなぎ」と「かっぱ」を合わせたキャラクター。ちなみに当日偶然にも
駅前にテレビのロケハンが来ていて全国的に知名度のあるタレントさんと「うながっぱ」が共演
している光景を見かけました。訪れたのは8月中旬だったのでどこかで放送されたのかな?

うながっぱ-多治見マスコットキャラクター
http://www.unagappa.com/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

陶器の町・多治見とカッパ

岐阜県多治見市、先に観光地の「オリベストリート」を紹介しましたが、多治見駅前
広場にも町を象徴する銅像(よくみていませんでしたけど陶器ってことはないよね)が立像
陶器の町多治見とカッパ01
陶器を片手にもつ裸の男性。台座には「陶都多治見」と刻まれています。その広場、足元には
写真では拡大しなかったのでわかりづらいですが、地元の方が描いたタイルが敷かれています
陶器の町多治見とカッパ11 陶器の町多治見とカッパ06
また隣にも個性的に形をした陶器でできたオブジェが陳列されていました。
陶器の町多治見とカッパ02
なにをモチーフにしているのか芸術的でいささか悩みましたが、それにしても駅前広場
こういうのがあると何かと悪さをされてしまいがちですけど大丈夫なのでしょうかね?
陶器の町多治見とカッパ05 陶器の町多治見とカッパ12
この場所からオリベストリートのある本町までの道のりを歩いていると池のある広場を発見
陶器の町多治見とカッパ03
「おりべかっぱ広場」と名付けられた場所、池・・噴水にはちゃんと金魚が泳いでいます
陶器の町多治見とカッパ09 陶器の町多治見とカッパ10
その池を守護するように建つ陶器のカッパ(河童)、左がお父さんで右がお母さんカッパかな
陶器の町多治見とカッパ07 陶器の町多治見とカッパ08
お母さんカッパの手元にはたくさんの子供のカッパたちがいます
陶器の町多治見とカッパ04
なんだかどの子も個性的な表情をしていて、いまにも鳴き声が聞こえてきそうな雰囲気です。
駅前から数百メートルの間だけでも陶器とカッパが親しまれているというのを感じました

多治見市観光協会
http://www.tajimi-pr.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

あんなところに・・・カッパ

あれ?植え込みにカッパがいる
カッパ01
別段そこいらに河童がいてもさほど珍しくはありませんが....え゛?

と、さも当たり前のように言ってはみましたが、
台東区の河童橋しかり、かっぱオブジェが街角に
設置されているのは場所によっては日常風景

ただ、このカッパ、置かれている場所を引いた角度から撮影してみると、こんな場所にいるのです
カッパ03
具体的な場所は、JR錦糸町駅ちかくの商業施設
どうみても樹木で隠れて見えず、誰にも気づかれていないのではないかと思うようなあんな場所。

ほかの花壇にあるオブジェ(地元の小学生デザインらしいですが)は目立つところにあるのですが
カッパ02
よっぽど恥ずかしがり屋なのか?なんとなくほほえましかったので思わずシャッターを切りました
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カッパと東京スカイツリー

台東区浅草から国際通り方面に足を伸ばすと、かっぱ橋商店街の入り口があります。
浅草寺方面を振り返ると、浅草通りの向こうには東京スカイツリーが見えます
カッパ橋看板とスカイツリー
せっかくなので、入り口の看板と東京スカイツリー
一緒に撮影したかったのですがなかなか難しい・・

無理して車道にでて危険な行為はしたくなかったのでコレが限界です。
カッパ橋の看板とうまく一緒に写る場所あったのかもしれませんけど・・
東京スカイツリー 新しい河童
さて、かっぱ橋通りを上野方面に向かうとなにやら右写真のような貼り紙を見つけました

おぉ!!可愛らしいカッパが二匹
かっぱ
石で作られて、まだ真新しい河童、ちょこんと
体育座りしてちょっと困ったような表情にアヒル口
兄弟?親子?恋人?っといったところでしょうかねぇ
そのうち他の河童たちのように年季が入っていくんでしょうね

ちなみにすぐ横の自動販売機にはこんなキャラクターがいました。
カッパ
台東”をモチーフにした・・こいつもカッパ??


かっぱ橋道具街
http://www.kappabashi.or.jp/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

益子のハニワとカッパ

陶器、焼物の町として知られる栃木益子で見かけたちょっと気になったお店。
ハニワ
店頭に埴輪ハニワはにわ・・・・・
はにわ
ハニワって焼き物だけど??益子焼ハニワ?とかいろんなことを考えましたが
とくに看板下のハニワたちが可愛らしく思わずカメラを向けて撮影してしまいました

益子駅と中心街とを結ぶ道路の途中でみかけた単に「かっぱ」と書かれたお店。
かっぱ
陶器のお店なのか?小料理屋さんのようにもみえなくありませんが・・
間口もちいさくあまりじっくり撮影しているとご迷惑かと思い、
即座に目に付いたカッパたちをいそいそと撮影。
リアルかっぱ
こちらの河童さんたちはリアル、生々しいですがポーズが滑稽です

エロかっぱ
入り口付近にいた裸体、裸像のエロちぃママカッパ、足元にチビかっぱが引っ付いてます。
陶器、焼き物でできた芸術品ってことでアダルト、18禁なんていわないで(笑
ママカッパに目が言ってしまいますが、同写真左側の肌色した河童も愛嬌ある顔してます

雪も降っており、時間もあまりなかったため
両方の店とも、内部には入っていないので具体的な場所は記載しませんが
現地で街散策のひとつと思って確認してください(有名なのかも知れませんが)



益子町観光協会のホームページです
http://www.mashiko-kankou.org/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)