サイとハト

上野動物園サイの飼育エリア、多くの見物客がいたのと奥の方でサイが休んでいたので
見物を諦めようかと思ったら、のっそりこちらにやってくれたのでカメラを構えることに
サイとハト01
手前にある木の枝がちょっと邪魔(失礼)で顔がはっきりとはわかりづらいですけど、
立派なの生えた顔がみることができただけでもラッキーかな?とか思っていました
サイとハト02 サイとハト03
そのうちノシノシとゆっくりした足取りで歩き始めると展示スペースの前の方に
これには、お客さんの近くに寄ってきてくれるというのでみなさんちょっと歓声が
サイとハト05
ただ個人的にサイが向かおうとしている先の石垣に2羽のハトがいるのに非常に興味が
サイとハト04
あの巨体が迫ってくるのにほとんど動こうとしない2羽(一羽気になってる?)、動物同士(って
哺乳類と鳥類ですが)わかり合っているのか?無頓着なのか?少し微笑ましく見えました

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

鳩とハトの銅像

都内のとある公園、都市部ならどこにでもいる野鳥のハト。いわゆるドバト、正式にはカワラバト
鳩とハトの銅像05
こちらの公園にも集まっていたのですが、その場所がなんだか興味ひかれカメラを向けることに
鳩とハトの銅像02
ハト彫刻銅像の周りに本物のハトたちが集まっています
鳩とハトの銅像03 鳩とハトの銅像04
単にそれだけってわけですけどどうせなら銅像に乗っかってしまわないかとか
いろいろ期待したのですけど、そこは野生の生き物。思うようにはいきません
鳩とハトの銅像01
子供たちも多く遊んでいる公園だったのであまり撮影しているのも不審がられると思い、
さりげない程度に数枚シャッターを切りましたけどなぜにここに集まっているのかな

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ひかげポッポ

真夏の都内、坂道の曲がり角、木陰になにやら黒い物体が落ちて....よく見みると、ハト
ひかげポッポ01 ひかげポッポ02
別に珍しくもない野鳥である鳩ですけど、一羽だけでまるで置物ようにちょこんと座った姿
ひかげポッポ03
おもわず(歩道とはいえ周りに人もいなかったので)カメラを構えて撮影。暑さを
凌いで日影で涼んでいるんですね。それにしてもまるで動く気配なし

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハトのあいびき

だーれもいない公園、あたりと見渡すと広場の片隅にどこにでもいるような2羽のハトを発見
ハトいちゃいちゃ01
なんだかラブラブなご様子、広い場所まんなか辺りでやっていないのが何とも男女の仲
ハトいちゃいちゃ02
人間目線でいちゃいちゃしているように見えますけど、これでオスメスじゃなかったら
どうしようかな?とか思ったり・・鳩とはいえ、あんまり見るのも悪いのでこのくらいに


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハトと銅像

そこそこ大きな公園でよく置かれている人の形をした美術作品としての銅像。こちらは数人のもの
鳩と銅像02
そんな銅像の頭や肩にあたる部分に別に珍しい野鳥でもないですけどハトが数羽
鳩と銅像01
鳩にとってはたんなる宿り木程度にしか思えないのですが、ニンゲン目線からみると
単なるオブジェとはいえ、なんだか頭の上がむずがゆく感じてしまう光景でした

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)