崖の上のハナチョウジ

植物園の温室、植物の生息地を擬似的に表現するために設営された崖の部分に草花を発見
ハナチョウジ01
糸状の葉っぱの中に赤みがかった橙色をした筒状の花びらをした花が咲いています
ハナチョウジ03 ハナチョウジ02
名前を確認するとハナチョウジ(花丁字)という花。肉眼では分かりづらかったので撮影した
写真を拡大加工してみるとたしかに花の形が香辛料、漢方薬の”丁字”に似ているような
ハナチョウジ04
ちなみに丁字=クローブはフトモモ科、ハナチョウジはメキシコ原産でゴマノハグサ科の
植物だそうです。個人的にはルコウソウにも似ているようにみえましたけど、
ルコウソウってのはヒルガオ科なのでまた別の植物

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

道端のマルバルコウソウ

都内の路上を歩いていると高架橋下の壁際の草むらに何やら赤い物が視界に入りました
道端のマルバルコウソウ01 道端のマルバルコウソウ02
何だろう?と思い、周りに人もいなかったので近寄ってカメラを向けて確認してみると
緑の葉っぱに覆われた中に小さなラッパ状の赤、橙っぽい花が数輪、咲いていました
道端のマルバルコウソウ03
「花の見た目はルコウソウ?でも葉っぱが違うナァ?」と思いつつ、
後日調べてみると「マルバルコウソウ」(丸葉縷紅草)と思われます。
まわりの草に絡まってわかりづらいですが葉っぱは丸いハート型をしてます
道端のマルバルコウソウ04 道端のマルバルコウソウ05
野生化してほぼ雑草となっていると記載しているサイトもありましたが、
都内(結構ビルや住宅の多い場所)の道端での発見だったので意外に感じました


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)