GW中の三内丸山遺跡

ゴールデンウィークに訪れた青森県三内丸山遺跡。青森駅から市内を走る路線バスで30分程度
自分が訪れたときは連休ということもありバスは満席、特に多くの海外観光客の人たちでいっぱい
でも終点までいかず、一つ手前の美術館で下車、たぶんそっちを回って遺跡見学をするかな?
三内丸山遺跡07 三内丸山遺跡08
施設に入り、いったんタイムトンネルのような出口を抜けると広大な原っぱが広がっています
三内丸山遺跡10 三内丸山遺跡09
山内丸山遺跡はいまから5500~4000年前の縄文時代のムラのあとで多数の住居跡や
土器、墳墓などが発掘された日本最大級の縄文集落跡です(日本最大級とはつゆ知らず
三内丸山遺跡01
真っ平ではない緩急ある大地に縄文時代を思わせる竪穴住居が立ち並んでいます
三内丸山遺跡03
これらは近年になってボランティアや地元の小学生などによって復元建築されたもの
なので建物前に「平成〇年完成」なんて奇妙な看板まであったりします
三内丸山遺跡11 三内丸山遺跡12
内部もしっかり造り込まれており、当時の人々の生活空間を垣間見ることができます
三内丸山遺跡13 三内丸山遺跡14
集落には食べ物を貯蔵する蔵などもあったと思われ、それらの建物も復元されています
三内丸山遺跡02
なかでも目を引くのは山内丸山遺跡のシンボル的存在、木で組まれた櫓のような建物
三内丸山遺跡16 三内丸山遺跡15
大型掘立柱建物跡(おおがたほったてばしらたてもの)、その手前は大型竪穴住居
三内丸山遺跡05
直径2メートル、深さ4メートルにもなる穴と内部から見つかったクリの木からこのような
建物が当時建てれていたと思われるそうです(見物しながら疑っている人もいたけど
三内丸山遺跡04
縄文時代の衣装も貸してくれて、スマホの自撮り棒を片手に撮影している縄文人も
三内丸山遺跡18 三内丸山遺跡17
所々に銀色のドームがあり、これらは実際の史跡で発掘されたままの姿をみることができます
三内丸山遺跡06
建物は復元されたものとはいえ縄文時代の人々の生活を肌で感じることができる場所でした
この集落跡は入ってきたところからまた施設に戻り、今度は出土品などの見学です

公式ホームページ 特別史跡「三内丸山遺跡」
http://sannaimaruyama.pref.aomori.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

代々木八幡宮の梅の花

渋谷区代々木八幡の近くを通ると、入り口の狛犬の脇にが咲いているのを発見。
代々木八幡12 代々木八幡11
ウメ・・?木瓜(ボケ)のでしょうかネ
なんとなく境内を抜けてみようかと思い、鳥居をくぐり中に入るといきなり野良猫と遭遇
代々木八幡15
人気のない境内で向こうも怪訝な?ビックリしたような顔つきでこちらを見ています
代々木八幡13 代々木八幡10
ネコのいた方向に足を運んでみると古代人の家??竪穴式住居がありました
代々木八幡03
かつてはこのあたりには石器時代のころから人が住み、昭和時代の発掘調査では
住居、遺物が発見されるなど「代々木八幡遺跡」なのだそうです。
代々木八幡16 代々木八幡14
参道から外れてしまったので、坂道になっている石畳にもどり本殿へ進むことに
代々木八幡01
偶然にもこのとき中で結婚式が執り行われていたようで
あとからやってきた外国人観光客の人たちが興味深そうに眺めていました
代々木八幡05 代々木八幡06
本殿すぐ脇には3月下旬でしたが、まだ白がさいていました。
代々木八幡04
さらに境内を散策してみると、社務所近くには紅(具体的に品種はわかりません)。
代々木八幡08 代々木八幡09
今年は3月になっても寒い日が多かったりでの開が遅れていましたが周囲はの良い香りが漂っていました
代々木八幡02
本殿の屋根の上でみかけたヒヨドリもに誘われてをついばんでいました。
メジロなどはよく蜜を吸っている光景をみますが、ヒヨドリだと・・どうなんでしょ

代々木八幡宮
http://www.yoyogihachimangu.or.jp/





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)