福寿草まだツボミ

撮影したのは2月上旬、春の訪れを告げる花のひとつ福寿草ですが訪れた花壇ではまだツボミ
福寿草まだツボミ01 福寿草まだツボミ02
早い時には1月下旬くらいでも都内の公園や庭園などでもみかけるのですが、今年は寒さの影響で
遅いのかな?掲載した2月中旬になればどこかで咲いているかもしれませんが
福寿草まだツボミ03
ただ咲いているときを毎年撮影しているので今年はの姿を写すことができたのかと思えば
ラッキーだったのかな?とか思ったり(結構負け惜しみ)。春待ち遠しく感じます


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヒマラヤスギの種子

冬の公園針葉樹の木々の生えた区域を歩いていると足元でカサカサという音
ヒマラスギのタネ01
木の葉かな?と思いきや、木の破片?よくみればみな一様な鱗のような形をしています
ヒマラヤスギのタネ03 ヒマラヤスギのタネ04
知っている人は知っていると思いますが、これらは頭上に伸びるヒマラヤスギ種子タネ
ヒマラスギのタネ02
地面一面が茶色くなるほど覆っていますが、見た目は枯葉と大差なく地味にみえます
ヒマラヤスギのタネ05 ヒマラヤスギのタネ06
植物、樹木が好きな方には馴染みあるとはいえ、大半の興味のない人にとっては
ゴミ程度の気にもならない存在かもしれませんが改めてみると案外興味深いかも
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ひなたぼっこニャン

真冬でしたが比較的、日の光があたたかな昼さがり。公園樹木の根元にネコ一匹
ひなたぼっこニャン01 ひなたぼっこニャン02
特に何をするわけでもないのですがカメラを構えてみるとこちらをじっと見つめてます
ひなたぼっこニャン03
でもそのうち目が細くなりなんだか眠そう、邪魔しちゃ悪いのでこのまま退散

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雪つつくハトさん

都内の公園の花壇、まだの残る地面を都心ならどこにでもいる野鳥、ハトが数羽
雪突く鳩さん01
エサでも探しているのか地面をついばんでいますが、そこにはが降り積もっています
雪突く鳩さん02 雪突く鳩さん03
ときおりを突いているようにもみえるけど、ハトには雪はどんな風に見えているのかな?
雪突く鳩さん04
何気ない光景も積雪しているだけでなんとなく普段と違うように見えてしまいます

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

溶けかけのツララ

連日寒い日が続く東京都内、まだ1月中旬の残るとある公園、日陰の小屋の屋根からツララ
溶けかけのツララ01 溶けかけのツララ02
都心でもいろんなところに氷柱ができて写真が撮影されていますけど、屋根にできるつらら
はごく普通でオーソドックスのツララなのかな?とはいえこれだけできてるとちょっと面白い
溶けかけのツララ03
日陰とはいえ気温がすこし上がってきたせいか溶け始めて透き通った氷が肉眼では
幻想的にみえたんですけど、自分の撮影レベルではなんだか伝わりづらいかな



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)