ハト集マル

都内の河川敷を歩いているとたくさんのハトが集まっていました。都心ならどこででもみかける
身近な野鳥で珍しさはまるでありませんけど、これほど集まっていると思わずカメラで撮影
ハト集マル01
意外と近くまでいっても逃げないのでぐるりと周囲をあるいてシャッターを切ることに
ハト集マル02 ハト集マル03
写真からでは分かりづらいのですが、実はこの日、強いが吹いていたため鳩たちは
よけに集まってきたのではないかと思われます。あくまで推測ですが

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

河川敷のネコ

河川敷の遊歩道をウォーキングしていると草むらの階段に野良猫を見かけました
河川敷のネコ01
しばらく観察、撮影してみましたがなかなかこちらを向いてくれず顔を見せてくれません
河川敷のネコ02 河川敷のネコ03
多くの人が散歩、ジョギングやサイクリングをしている歩道なのでそっちが気になってる?
河川敷のネコ04
それにしても猫自身もなかなか逃げないのも人を見慣れているからなのでしょうか
河川敷のネコ05
通り過ぎざまにもう一枚撮影。首輪などもしていないし、民家からは少し離れてるので
飼い猫ということもなさそうですしこのあたりをねぐらにしているのかな
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

川面のカワウ

神奈川県のとある河川敷を散策しているとカワウたちがいるのを発見
川面のカワウ01 川面のカワウ03
よく見ると手前の水面にもぐったり、浮かんできたりする一羽のカワウがいます
川面のカワウ05
観察していると、こちらに近づいてきてくれたのでカメラを構えてみることに
川面のカワウ04 川面のカワウ02
できればサカナを捕まえた瞬間でもとらえたかったのですがなかなか捕まえられず
カワウも遠くに泳いでいき、自分もあきらめて撮影を断念することに
川面のカワウ06
ちなみに川岸にはこんなに大きなサカナがいました。コイでしょうかね
でもカワウと同じくらいの大きさ、さすがにこれは取れないか・・

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ねらわれた白鳥

とても風の強く寒い冬のある日、神奈川県川崎市登戸近くの
多摩川河川敷を散策していたらハクチョウをみかけました
狙われた白鳥01
強風のため波だった多摩川の川面に浮いているんですが、ほとんど流されている模様。
狙われた白鳥06 狙われた白鳥07
「近寄ってこないかな?」とのんきに眺めていたら
そのうち波に流されて、流され川岸まで偶然近寄きたので撮影
狙われた白鳥02
それにしてもやけにうす汚れた姿をしています。
ほかに仲間がいる気配もないのではぐれたのでしょうか?何か訳アリにも感じました
狙われた白鳥08 狙われた白鳥09
さすがに人間のいる気配を察知したのか、岸に近寄ったあたりでどこかに飛んで行ってしまいました。

「あれで見納めかな」と思ったのち、上流のほうに足を運んでみると
先ほどと同じ白鳥が川の中央あたりをゆらゆらと漂っていました。
狙われた白鳥03
っと、そこへ空から飛来する猛禽類らしい鳥の影、
まわりを飛び回っては時折急に近寄って、あきらかにハクチョウめがけて攻めたてています
狙われた白鳥04
白鳥は首を左右に振るだけで、なすすべもなくただ避けているように見えます。
狙われた白鳥11 狙われた白鳥10
人間目線で見てしまうとハクチョウ側に肩入れしてしまいたくなりますが
あくまで自然でおきている事象。どうなるのか?とレンズ越しに推移を観察していると
威嚇していた鳥は風にあおれてほとんどハクチョウに近寄ることもできず、
さらに強い風にあおられて、あっけなくはるか彼方まで飛んで行ってしまいました
狙われた白鳥05
このあと二羽の鳥が、どうなったかはわかりませんが少なくとも眺めていた限り、
単に追い立てていただけで狩ろうとしていたのかまではわかりませんが
自然の事柄とはいえ、やはり心情としては白鳥が難を逃れたのにホッとしてしまいます
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)