紫色の八重咲のムクゲ

初夏から夏にかけて庭木でも咲いているのをみかけるムクゲの花。撮影したのは奈良県の公園
紫色のムクゲ01
なのでそれほど珍しいさもないかもしれません。ただ写真では伝えようがないのですが、敷地が広く
上り下りの坂道の多かった公園だったので登り切った坂道でこのような花をみかけて撮影
紫色のムクゲ02 紫色のムクゲ03
ムクゲ槿)の花はさまざまな花びらをしている品種がありますがこちらのは色の八重咲
紫色のムクゲ04
季節を代表する植物のひとつなので、この花をみかけると本格的な(ってこの日もそうでしたが、
7月半ばで十分気温が高めですけど)夏がやってくるんだな。と感じます

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

公園でよくみる紫の花

春の公園、花壇というよりも手入れもされていない草むらで良く見かける色の花
ハナダイコン01
珍しさはほとんどないかもしれませんが、たくさん咲いていたのでせっかくなので撮影
ハナダイコン02 ハナダイコン03
とはいえ、イザ撮影してみると名前を知らない(知っている人には当たり前でしょうけど
ハナダイコン04
調べてみると「花大根(ハナダイコン)」という草花でしょうかね(間違っていたらゴメンナサイ
花びらがダイコンに似ているアブラナ科の植物、でもダイコンよりずいぶんきれいです

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上に伸びたホトトギス

公園の花壇、葉っぱの多い場所で最初気づかず素通りしたのですがホトトギスの花を発見
ホトトギスの花01
花びら色の斑点模様がある特徴的な花なので目立ちそうなものですが案外気づかず
ホトトギスの花04 ホトトギスの花05
個人的にホトトギスの花というともう少し背丈もひくく横に伸びたりするイメージがあったの
ですが、こちらの花壇で咲いていたものはまっすぐ伸びて先端に花を咲かせています
ホトトギスの花06 ホトトギスの花03
日影だったせいか?時期がまだだったせいなのか?開花している花のわきにはまだ
ツボミも見かけることができました。濃いムラサキ色をしてロウソクをたてる燭台みたい
ホトトギスの花02
花を詳しく観察しようとカメラを近づけての撮影、色からうけるイメージもあいまって花の
構造もなんだかミステリアスに感じてしまう秋をいろどる植物です

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

白くて紫の斑点のある花

温室壇で見かけた白い花びら色の斑点のある。とても小さく接近しての撮影
白くて紫の斑点ある花01 白くて紫の斑点ある花02
近くには「マツリカ」という名札がありましたけど、複数の植物が植えられている壇なので
『違うな』と思いつつ、これだけ特徴があれば調べれば大丈夫だろうと思い立ち去ることに
白くて紫の斑点ある花03
でも意外と見つからず(見る人がみれば一発でわかるんでしょうけど)でも、白くて綺麗な
花でしたので掲載することに。ちなみに小さな花びらにさらに小さなアリの姿が(右上)



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雨に滴る紫蘭たち

雨の横浜山下公園。園内の西の端あたり、
港の見える丘公園へつながる歩道に行く途中にみかけた紫蘭しらん)の花畑
雨に滴るシラン02
見渡す限りと,,大げさに言うほどではありませんが、公園の一角にかなりのシランが咲いていました
雨に滴るシラン03 雨に滴るシラン04
都内でも公園、庭園などの木陰に数本咲いていますが、この量はちょっとビックリです
雨に滴るシラン01
」、「」の名の通り、色の花と葉っぱの緑色とが鮮やかなコントラストです。
おまけに水滴で濡れてより一層際立っています。雨のお散歩の発見もなかなかです
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)