サザンカの花と小さなハチ

この記事には小さなハチ、虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください

花の少なくなる秋から冬の時期、公園を歩いていると目に入ってくるサザンカの花
山茶花と蜂01
ピンクや白色の花の種類がありますが、こちらの生垣にはピンク色をした花びら
山茶花と蜂05 山茶花と蜂06
すこし花がばらけ気味なのもありましたが、ツボミの花もあり当分たのしめそう
山茶花と蜂04 山茶花と蜂03
そんな山茶花の花の周辺を一匹のムシ、ハチの仲間かな?飛び回っています
山茶花と蜂02
昆虫たちにとってもこの時期はは貴重な花が咲いているので重宝しているのかな

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

杜鵑草(ほととぎす)の花

に咲くのひとつホトトギス、最近はらしいがないので季節のをみるとホッとします
ホトトギスの花02
個人的には9月くらいに咲く印象ですけど、こちらの公園の壇では10月でもまだ咲いていて
撮影したときは蕾もありもう少し楽しめるのかな?資料によると11月くらいまで咲くとか?!
ホトトギスの花03 ホトトギスの花04
何度か撮影しているホトトギス杜鵑草)でしたけど、過去の写真を見ると微妙に違う雰囲気
ホトトギスの花01
花びらに紫色の斑点がついて独特の雄しべやめしべで構成されている。って印象だけで
案外、個々の花たちにも個性があるのかな?さすがに斑入りの花びらが皆一緒はないし

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アシタバの花かな

公園花壇でみかけた全体的に薄黄緑色をした草花、撮影したのは9月下旬
アシタバの花04
枝先が放射状にひろがってさらにその先に小さな小さな花びらがさいていました
アシタバの花03 アシタバの花02
名札などがなく後日調べてみたのですが「アシタバ」の花かな?間違っていたらスミマセン
アシタバだと葉っぱに特徴があり一目瞭然なのですが、あいにく撮影・観察してませんでした
アシタバの花01
明日葉というと食用のイメージがありますが、こんな花が咲くのですね。アシタバが
属するウド科の植物はこのような花が咲くそうで別のウド科の植物って可能性も
アシタバの花05
人間目線には花火のように広がって咲いている花の姿は目を引きますが、花自体は
派手な色や奇妙な形をしているわけでもなく正直、色気があるようにも思えないのですが、
小さな虫たちが集まっていたのでムシたちには魅力があるんでしょうかね

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

針葉樹の花?いや別種

自然豊かな(ほぼ山道)遊歩道を歩いていると、スギのような木の幹に花を発見
ツルアジサイ01
『この樹木の花??』と最初を思いましたが『針葉樹に、こんな花が咲くわけはない』と
思い、よくよくカメラでズームしてみると、木の幹に絡まった植物の花のようです
ツルアジサイ02
ずっと上の方を眺めてみるとツタ状になった茎が絡み、たくさんの花をつけていました
ツルアジサイ03
さらに上の方をみるとかなりの高さまで伸びているのがわかります。どこまで伸びる?
ツルアジサイ04 ツルアジサイ05
花の形はアジサイに似ているようですが撮影したのは7月初旬、いくら山野とはいえ
アジサイとは思えませんでしたけど、後日調べてみるとツルアジサイ(蔓紫陽花)
という品種があるそうで、その植物だったのかな?


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

群生した薄紫色の花

木森の生い茂る自然豊かなの公園の一角、木陰のあたり地面を覆った草花
群生した薄紫の花01
葉っぱの間から細長い茎がのびてその先端に白い小さなものがついています
群生した薄紫の花02 群生した薄紫の花03
カメラでズームしてみると白いに若干薄紫色が混じったようなな花が咲いている?でも
周りをみると花びらが散ったような気配もあります(専門家の方にはわかるのかな
群生した薄紫の花04
花が咲いているのか終わりなのかわからず、種類もわからずじまいでしたけど
これだけ繁茂している状態をみるとなんだか写真に残しておきたくなりました



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)