さよなら流馬(5000形車両)

千葉県流山に用事があり、流鉄流山線に乗車してみると偶然乗った車両が2017年7月末で
引退』との貼り紙が各所に貼られていました。何かの縁を感じ、せっかくなので撮影

なお専門的に電車写真を撮影していないので、鉄道ファンの方には物足りないのはご了承を
さよなら流馬05
流鉄流山線は馬橋駅と流山駅をおよそ15分たらずで往復する路線。駅間もそれほど距離が
無いので流山で用事を済ませた後に線路沿いに歩いてみると引退する列車が通過
さよなら流馬01 さよなら流馬02
自分の写真では分かりづらいとは思いますがヘッドプレートに「ありがとう5001F流馬
さよなら流馬06
行き先も「惜別流馬」と書かれていて、それほど思い入れのない(失敬)自分ですら感傷的に
さよなら流馬07
トボトボと歩いていると馬橋方面に行った列車が折り返して流山方面に向かってきました
さよなら流馬08
こちらのプレートも特別製。「流山最終」と書かれていましたけど、変わる途中かな?
さよなら流馬03 さよなら流馬04
ちなみに歩いていると熱心な鉄道ファンの方が大きなカメラを構えて待っている風景もちらほら
さよなら流馬09
ちょっと順番は違いますが流山駅で停車していたときの風景。偶然利用して引退すること知った
ローカル線の車両、毎日利用している地域住民の方の中には愛着を持つ人もいるとは
思いますが、その気持ちはひとしおなのでしょう。おつかれさまでした

流鉄
http://ryutetsu.jp/

※なお公式ページには8月に検査、塗装変更して再デビュー予定とか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

叡山電鉄の八瀬比叡山口駅

「祇園祭」見物のため、7月なかばに京都に訪れた際にちょっと?市内を回って
みようと思い、叡山電鉄本線の終着駅八瀬比叡山口」まで足を延ばしてみました
八瀬比叡山口駅02
いちおう乗ってきた2両編成の電車を撮影、行き先はすでに「出町柳」駅に
ちなみにこの時、叡山電鉄アニメ作品がコラボしていたようで車内には作品の
ポスターなどがたくさん掲載、京都いくと地下鉄もそうですがこういうのよく見ます
八瀬比叡山口駅04 八瀬比叡山口駅03
京都駅から公共機関を乗り継いで1時間前後で到着する駅ですが、京都駅周辺の
都会とはまるでことなる自然豊かな八瀬比叡山口駅周辺。駅舎は補修されてのかな?
八瀬比叡山口駅01
ここから比叡山へのケーブルカーにいけますが、自分はそこまではいかず駅周辺を散策して
帰路に(そこそこ珍しいものも見かけたので)今度は比叡山まで行ってみましょうかね


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

烏山線の終着駅・烏山駅

栃木県宇都宮駅から那須烏山市の烏山駅までをはしるJR烏山線終着駅・烏山駅
烏山線の烏山駅01
先に紹介した「龍門の滝」最寄り駅、滝駅とはとなりの駅で直線距離では2、3キロなので
ウォーキングがてらに滝駅から烏山駅を目指してみました。ただ、途中上り坂など高台があり
どちらかというとハイキングのような道中(烏山の線路もぐるりと回っていたのはそのためか
烏山線の烏山駅02
さて烏山の駅、ネットで紹介している写真では正面から建物に斜めについた建造物があり、
実際にどのようなものか気になっていました。まぁじかにみるとなんてこともない屋根でした
烏山線の烏山駅05 烏山線の烏山駅04
終点ということでここから先に線路はありません。ちなみに遠くの方にみえる山並みをこえると
茨城県の常陸太田市や常陸大宮市などの奥久慈。なおすでにホームには列車がはいってました
烏山線の烏山駅03
2両しかない列車でしたけど、年期をかんじさせる車両で好きな方には興味深いのでしょうね
宇都宮から烏山方面に行く車両はほとんど人がいなかったのですが、烏山から宇都宮方面への
上り列車は10代を中心とした若者が多く乗っていたのでいささか賑やかでした

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雨の外川駅

3月上旬に訪れた銚子電鉄の終着駅・外川駅(とかわ)。この日はあいにくの雨模様
雨の外川駅01
十数年前訪れた時と変わらぬ木造の駅舎。内部もポスターこそ貼り変わっていますがレトロな
面影がまるで時が止まったようなノスタルジックな気分になります(人がいたので撮影は自粛
雨の外川駅02 雨の外川駅03
ただ記憶に間違えがなければ以前訪れた時と大きく違うといえば、駅に銚子電鉄の古い車両
置かれていたことでしょうか?ドラマ「澪つくし」舞台ってのもずいぶん昔の話ですけど・・
雨の外川駅04
春まぢかでカンヒザクラと千葉県の花、ナノハナ越しと現役を引退した車両、個人的には茶色と
赤の車両銚子電鉄のイメージだったのでこちらも懐かしく感じました

銚子電気鉄道株式会社
http://www.choshi-dentetsu.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅

2013年12月に訪れた静岡県浜松市北区の「はままつフルーツパーク時之栖」、
そのテーマパークまで行くのに利用した「天竜浜名湖鉄道」(通称天浜線
西の新所原駅から浜名湖の北側をぐるりと回って東の掛川駅までつなぐ鉄道路線
天浜線の天竜二俣駅01
駅舎やプラットフォームを始め、橋梁・隧道など全路線の主要施設が
国の登録有形文化財に指定されています。こちらの「天竜二俣駅」もそのひとつ
天浜線の天竜二俣駅03 天浜線の天竜二俣駅04
列車の待ち時間に余裕があったのでせっかくなので列車と駅プラットホームを撮影
天浜線の天竜二俣駅02
改札をでて待合室までいくとさらにノスタルジックな光景が広がっているようでしたが
そこまで余裕はありませんでした。でも何やらトロッコ列車のような奇妙な遊具?で
御祖父さんとお孫さんが待ち時間のうちに乗っていました。かなり慌しかったですけど
つぎに訪れる際には沿線の文化財の探訪もしてみたくなるのどかな路線でした

天浜線天竜浜名湖鉄道株式会社) - 日本の原風景に出逢う旅。
http://www.tenhama.co.jp/" target="_blank" title="http://www.tenhama.co.jp/">http://www.tenhama.co.jp/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)