ハト集マル

都内の河川敷を歩いているとたくさんのハトが集まっていました。都心ならどこででもみかける
身近な野鳥で珍しさはまるでありませんけど、これほど集まっていると思わずカメラで撮影
ハト集マル01
意外と近くまでいっても逃げないのでぐるりと周囲をあるいてシャッターを切ることに
ハト集マル02 ハト集マル03
写真からでは分かりづらいのですが、実はこの日、強いが吹いていたため鳩たちは
よけに集まってきたのではないかと思われます。あくまで推測ですが

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

能代の『風の松原』

ゴールデンウィークに訪れた秋田県能代市、風の松原
名前は聞いたことがあるのですが、どんな場所か知らずに訪れてみました。
風の松原マップ 風の松原
入り口でマップをみると電車の待ち時間の1,2時間の間にまわるには
かなり難しい広さ、とりあえず時間の許す限りまわってみることに。
散策路
後日知ったのですが、日本側に面しおよそ700万本のクロマツが植えられた
東西幅1キロ、南北総延長14キロ、約760ヘクタールの広さの日本最大級の防風林、砂防林。
道 松林 
防風林ということもあり、からのの影響か松の木が一方向になびいています
防風林
松林の間を縫うように散策路があり、ハイキングコースやサイクリングコースとして整備されています

自分としては公園の遊歩道感覚だったのでカメラを持って撮影しながら散策していたのですが、
途中天気も良かったので、きちんとしたハイキングの服装をした地元の方ともすれ違うことがあります。
山道でのマナーのようにみなさん挨拶を交わしているので、自分も真似して挨拶しながら散策していました
松の木々
住宅街に面していた入り口から一転、歩くこと数分で周囲は自然豊かな風景になります。
青々とした植物とシダ植物が生えている光景はさながら太古の森でしょうか?
草 シダ植物
クロマツの木々の間にそれほど大きくない花を咲かせたサクラを見かけました
サクラの木
ほかにも多くの植物が植えられており、野鳥の声が聞こえて動物などが住みんでいるようで
防風林という役目以外にも生物がくらす”森”として機能しているようです
ニワトコ なんか草
右の草はニンジンのような葉っぱですが、なんという植物だったのでしょうか?
数多く足元に生えているのを見かけました。

さらに奥に進んでいくと・・
遊歩道
あれ?そとに出てしまいました
道路 能代港
風の松原周辺をぐるりと岸道路が囲んでおり、向こう岸には能代港が見えます
網の向こう 海岸道路
ほんの数分でしたがちょっとした冒険をした気分になります
このあと同じ道を引き返して能代駅に戻ることに。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬の東京港野鳥公園

里山
まるで里山のような景をみせる、大田区東京港野鳥公園

山里
大田市場の隣、東京湾が近くコンテナ地帯が広がっているとは思えません

ヒヨドリ カモ
この日はが強く寒くて、入場者もまばら
園内を散策しても野鳥達も寒そう・・

カワウ?
水辺の観測所を覗き込んでも・・・
唯一見つけたのは、ウの仲間(カワウ?ウミウ?)だけかなぁ?
ウミウ? シギ?

っと、遠くを望遠鏡で眺めて、何もいなくてげんなりしていたら・・
シギ?
なんか手前でチョコチョコ歩いてる。シギの仲間でしょうか?


東京港野鳥公園 トップ
http://park15.wakwak.com/~tokyoko/index.html
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)