さよなら流馬(5000形車両)

千葉県流山に用事があり、流鉄流山線に乗車してみると偶然乗った車両が2017年7月末で
引退』との貼り紙が各所に貼られていました。何かの縁を感じ、せっかくなので撮影

なお専門的に電車写真を撮影していないので、鉄道ファンの方には物足りないのはご了承を
さよなら流馬05
流鉄流山線は馬橋駅と流山駅をおよそ15分たらずで往復する路線。駅間もそれほど距離が
無いので流山で用事を済ませた後に線路沿いに歩いてみると引退する列車が通過
さよなら流馬01 さよなら流馬02
自分の写真では分かりづらいとは思いますがヘッドプレートに「ありがとう5001F流馬
さよなら流馬06
行き先も「惜別流馬」と書かれていて、それほど思い入れのない(失敬)自分ですら感傷的に
さよなら流馬07
トボトボと歩いていると馬橋方面に行った列車が折り返して流山方面に向かってきました
さよなら流馬08
こちらのプレートも特別製。「流山最終」と書かれていましたけど、変わる途中かな?
さよなら流馬03 さよなら流馬04
ちなみに歩いていると熱心な鉄道ファンの方が大きなカメラを構えて待っている風景もちらほら
さよなら流馬09
ちょっと順番は違いますが流山駅で停車していたときの風景。偶然利用して引退すること知った
ローカル線の車両、毎日利用している地域住民の方の中には愛着を持つ人もいるとは
思いますが、その気持ちはひとしおなのでしょう。おつかれさまでした

流鉄
http://ryutetsu.jp/

※なお公式ページには8月に検査、塗装変更して再デビュー予定とか
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

馬橋稲荷神社

馬橋稲荷神社
東京杉並区阿佐ヶ谷に鎮座する馬橋稲荷神社
住宅街の真ん中にありながら、鎮守の森に囲まれ静寂感が漂っています

そんな静かな場所に引かれて入り口の鳥居をくぐってみると、
参道にちょっと珍しい装飾のされた鳥居を発見。
鳥居
石造りで龍などが描かれて見方によっては豪奢な鳥居

稲荷神社
そういえば、JR常磐線松戸、柏間に
馬橋」というがありますけどそちらとはなんら関係ないようです。
こちらの神社の縁起を公式サイトで確認すると
馬橋村にあったことからと書かれています(実際、この近くに
馬橋を建設する話もあったようなこともかかれていますけど
千葉県松戸馬橋村の橋がその由来と言われています。

千葉と東京という全く違う場所で同じ名前の村、町の名前
かつては「馬」も移動手段、農耕用などいまよりも身近な存在で
「橋」も水、河川の多い整備されていない土地ではありふれたものだったのかもしれないので
どこの地域でも由来・経緯は数多あれど村、町名になることは自然だったのかもしれませんね

馬橋稲荷神社
http://www.mabashiinari.org/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)