カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「広島県 」カテゴリ記事一覧


ヒカリみつめて

広島方面を鉄道旅行中、簡易の自動改札機はありますが、乗降客は少なそうな小さな駅に停車。
朝早い時間のためかことさら人も少なく、入口の奥、駅舎の正面には港のようなものが見えます

そんな駅の出入口付近にちょこんと犬が座っていました
光みつめて01
リードが待合室側に伸びているので飼い主の方がいるのでしょうけど、
早朝、朝日に照らされた海の方を何かを待っているかのように見つめている
ワンコの後ろ姿に思わず車窓からシャッターを押してしまいました
「何をしているのだろう?」と想像を掻き立てられる光景

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

宮島の清盛神社とおまけ

安芸の宮島、厳島神社と大鳥居から少し離れた場所に鎮座する「清盛神社」(きよもりじんじゃ
清盛神社とおまけ01
その名の通り、平家の世を築いた平清盛公(たいらのきよもり)を祀った神社。
どんな神社かと地図をたよりに立ち寄ってみると川をまたいだ堆積した砂地にたつ社殿・・なんだか質素
清盛神社とおまけ02
平家物語の一説「~おごれるものは久からず~」を思ってしまいますが
写真にもある解説を読むと、没後770年後、昭和時代に創建された神社
なのだそうで(細かい経緯もありますが)、ちょっと意外な場所でした

あと宮島でみかけた光景
清盛神社とおまけ03 清盛神社とおまけ04
清盛神社撮影中横にいたシカ、帰りに見かけた武者コスプレして楽しんでいる外国人。
いろんな人のいる観光地なんだなぁ

人と神々が共に生きる島~宮島 嚴島神社 - 宮島観光公式サイト
http://www.miyajima-wch.jp/jp/itsukushima/


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ももねこ様と竹原いろいろ

広島県の竹原。歴史的な町並みを残す観光地としても有名ですが
近年はアニメ作品「たまゆら」の舞台としても全国的にも知名度を上げているそうです

その登場キャラクターである「ももねこ様」が商店街のベンチにちょこん。
ももねこ様と竹原01
よくみると竹原駅をでて、すぐの場所の商店街、早朝だったので
まだシャッターがしまっていましたがそこかしこに「ももねこ」がいます。
ももねこ様と竹原08 ももねこ様と竹原05
右上のは・・たぶん違うのでしょうけど。
ももねこ様と竹原10
たいていアニメや漫画で町おこし、地域活性化をするとお粗末な場所も無きにしもあらずですが
ショーケースにたくさんの「ももねこ様」のぬいぐるみを飾るお店もありました
ももねこ様と竹原02 ももねこ様と竹原03
「店主の方、作品、もとのキャラクター知っているのかな?知らないで
『なんだかカワイイから』で、おいていたりしたりして・・」と穿った見方もしたりして..
最初知らないで見ると、正直ナニであるか首をかしげましたので
ももねこ様と竹原09
ちなみに「町並み保存地区」にもアニメモデルになったお店にも
キャラクターのポスターなどが飾られてていました
ももねこ様と竹原14 ももねこ様と竹原15
自分が回っていたときも作品ゆかりの聖地としてファンらしき方も散策していましたし

こちらは町を流れる本川。水が少ないなぁと眺めていると野鳥が一羽。
ももねこ様と竹原17 ももねこ様と竹原16
サギの仲間だったんですが、飛んで行ってしまいました。なお海が近いのか潮の香りがほのかに
ももねこ様と竹原11
道の駅たけはら」の近くには地元出身の「頼山陽」公の銅像もあります
なお道の駅には地元の物産などが売られていたのですが、時間の関係上立ち寄れず・・
ももねこ様と竹原07 ももねこ様と竹原06
静かな町の印象なので、あまり賑わいすぎても白けてしまう感もありますし
いつまでも風情、雰囲気が残ると良いと思う町でした

安芸の小京都 きてみんさい竹原
http://www.takeharakankou.jp/

アニメたまゆら
http://tamayura.info/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

竹原の「森川邸」

広島県竹原の「町並み保存地区」から少し離れた場所の竹原市重要文化財「森川邸」。
森川邸01 森川邸02
大正初期の元竹原町長の森川八郎氏の邸宅。
森川邸03
主屋は福山市沼隈区の明治前期の大富豪(山路家)の建物を、茶屋は江戸時代後期に
活躍した文人不二庵(ふじあん)の建物を市内から移築・再生したものだそうです。
森川邸04 森川邸05
森川氏が生活していた大正時代の雰囲気がそのまま残る姿
森川邸06
いまにも家の方がひょっこりでてきそう。見学というよりもお宅訪問「お邪魔します」という心持
森川邸07 森川邸08
縁側や座敷に面した庭園。個人的には珍しいというよりも
田舎の旧家を思い出し、「懐かしい」という気持ちがわきました
森川邸10 森川邸11
和風住宅を知らない世代の人にはドラマ、映画などの世界に感じるのでしょうか
森川邸09
開館直後に訪れたのでほんとうに静かな空間でいつまでもいたい気分になる場所。
ちなみに竹原の町にはほかにも旧家が残っており、お得な入館共通券がありましたが
時間の関係上、こちらのお宅だけしかみることができませんでした。またの機会に

安芸の小京都 きてみんさい竹原
http://www.takeharakankou.jp


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

安芸の小京都、竹原散策

夏休みに訪れた広島県竹原市、安芸小京都と呼ばれる「竹原」(たけはら)の町。

JR竹原駅をおりて徒歩10~15分、「町並み保存地区」には
石畳の路地に江戸時代を思わせる武家屋敷や商人の家々などが残っています
安芸の小京都竹原散策01
朝早い時間だったので町はまだ朝の静けさに包まれていましたが、
自分よりも早くすでにカメラを片手に散策している旅行者の人たちがいました
安芸の小京都竹原散策07 安芸の小京都竹原散策08
白壁と格子窓の屋敷がならぶ本町通りの一番奥にはお堂
安芸の小京都竹原散策11 安芸の小京都竹原散策10
お堂内部にたくさんの恵比寿様が飾られていましたが撮影するの控えました

お堂の近くには石階段がおもむきのある照蓮寺。
安芸の小京都竹原散策02
江戸中期から後期にかけて竹原の文化交流の場所だった古刹
安芸の小京都竹原散策12 安芸の小京都竹原散策13
平安時代のころに辺り一面が竹林だったことから竹原と名がついたといい
現在でも伝統高原品として竹細工が有名、街角にも竹で作られた日用品や竹飾りを見かけます
安芸の小京都竹原散策06
街角街角それぞれに風情のある光景の広がる町。

安芸の小京都竹原散策05
今回一番みたかったのは観光パンフレットなどでも紹介されている
西方寺(さいほうじ)の普明閣(ふめいかく)という史跡。

実は何度も入口に迷い町の中をウロウロしていたので
山門にあたる照蓮寺も急な石階段を見つけた時はちょっと喜んでしまいました
安芸の小京都竹原散策14 安芸の小京都竹原散策15
たぶんフツーに歩いていればすぐに気が付く場所だったのでしょうけど・・・

町でもかなり高い場所に位置する高台に建てられたえんじ色をした普明閣(ふめいかく)
安芸の小京都竹原散策16 安芸の小京都竹原散策17
京都の清水寺の舞台を模して作られた建物(再建)だそうで、
西方寺の観音堂にあたり木造十一面観音像を祀っています
安芸の小京都竹原散策04
ここからは竹原の町が一望できます。
安芸の小京都竹原散策21 安芸の小京都竹原散策22
さらに上のほうの墓地からの撮影
安芸の小京都竹原散策03
西方寺から南東方面に位置する長生寺。
安芸の小京都竹原散策18 安芸の小京都竹原散策19
こちらのお寺は小僧さんの看板や小奇麗なカメの置物などが置かれています
実は史跡もあったのですが・・・ちょっと理由があり断念
安芸の小京都竹原散策09 安芸の小京都竹原散策20
のどかな町並みだったのでネコでもいるかと思いましたが、
ワンコがいました。飼い犬?でも車と壁の隙間、妙なところにいます
まだ観光施設や商店などがオープンする、町の目覚める前に散策し駅に戻ることになりましたが、
帰り路に観光客の方がチラホラ増えていました。やはり日中は人出が多かったのかな?
落ち着いた静かな雰囲気が素敵な場所だったので

安芸の小京都 きてみんさい竹原
http://www.takeharakankou.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)