カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「墨田区 」カテゴリ記事一覧


トンボとミゾカクシ

この記事にはタイトルどおりトンボ、昆虫の写真が掲載されています。苦手な方ご了承ください

公園の池近くの湿地帯にトンボの姿を発見。黄色の体色、しっかりした体つき
トンボとミゾカクシ01
トンボに気を取られながら撮影していたので最初は気が付きませんでしたが周囲に白い
トンボとミゾカクシ02 トンボとミゾカクシ03
非常にちいさな花で細長い白い花びらが咲いているのが肉眼で確認できるほど
トンボとミゾカクシ04
後日、写真を拡大して確認してみましたが、ミゾカクシという植物でしょうかね?
梅雨から夏にかけて季節を感じさせるムシと草花を同時に鑑賞


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ツボミなクガイソウ

植物園の花壇でみかけた枝先に尖がった穂のような花のようなものをつけた草花
クガイソウのツボミ01
ハナトラノオのツボミかな?」と思い、あたりを確認すると「クガイソウ」という植物
クガイソウのツボミ02
これはまだツボミの状態(撮影は6月初旬)で夏には花房のしたのほうから細長い花を
咲かせるようです。その姿をみるとたしかにハナトラノオとはだいぶ違います
クガイソウのツボミ03
この姿も興味深いですけど、機会があれば夏にでもまた観察してみたいものです

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ムラサキセンダイハギの若い実

6月初旬の植物園の花壇、プックリとした繭のような形をしたモノをつけた植物を発見
ムラサキセンダイハギの実01
名前を確認すると「ムラサキセンダイハギ」(紫千代萩)という名札がついています
ムラサキセンダイハギの実02 ムラサキセンダイハギの実03
後日調べてみるとこれらはムラサキセンダイハギの若い実だそうで、マメ科の植物
よろしく真夏には黒く干からびたサヤになりなかからタネがとれるそうです
ムラサキセンダイハギの実04
となると、花はもっと早い時期、5月初旬ごろに咲いているようです。ハギというと
秋の頃にさく草花と思いましたが、初夏の時期に咲く種類もあるのですね

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

木陰のトモエソウ

樹木の影になって写真が暗くなってしましましたが、花壇でみかけたトモエソウ(巴草)
日陰のトモエソウ01
てっきりビョウヤナギかと思ったのですが名札と後日しらべるとたしかにトモエソウという花
日陰のトモエソウ02 日陰のトモエソウ03
花びらが渦を巻くようにうねっているところからこの名前がついたそうですけどわかるかな
日陰のトモエソウ04
先述のビョウヤナギや同時期に咲くキンシバイなど、黄色い花びらに中央の雌しべと
雄しべが長く伸びる花があり、どれもオトギリソウ科の仲間、区別が難しいです

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

丸い蕾のアワモリショウマ

公園花壇に咲いていた小さな花びらをたくさんつけた白い花、アワモリショウマかな?
アワモリショウマ02 アワモリショウマ03
花壇なので名札があるかとおもったのですが、見当たらず(というよりもこの葉っぱの中かも
アワモリショウマ01
小さな花びらは自分のカメラでは写しきれず、それでも房状の固まりがひとつの花のよう
アワモリショウマ04 アワモリショウマ05
そんなアワモリショウマの日陰のあたりに視線をむけるとまだ咲いていないツボミを発見
アワモリショウマ06
枝の先に丸っこいツボミがまるでマドラーのみたく作り物のようです。これが咲くとトップで
紹介した泡のように膨れ上がった花房になると思うと、自然の力強さを感じさせます

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)