カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「福島県 」カテゴリ記事一覧


神明神社に猫一匹

前の記事から引き続き、会津若松市内をお城方面に向かっていくと神明神社という社を発見
神明神社のネコ01 神明神社のネコ02
「さっきの神社とは大きさがだいぶ違うな」と思いつつ立ち寄ってみると、鳥居の向う側の建物に
毛玉のようなものが見えます。とりあえず鳥居をくぐり境内にはいり正面の社殿に参拝
神明神社のネコ06
後日知りましたが正面入り口に面した道路は「神明通り」というそうで(知っている人は
当たり前)、応安2年(1369)神道流槍刀術の祖飯篠山城守家直が勧請した歴史あるお社
神明神社のネコ07
立派な神社ですが、個人的にさきほどの毛玉が気になりしばし近寄ってみることに
神明神社のネコ04 神明神社のネコ03
どうみてもネコ、野良なのでしょうけどうつぶせたままあまり動きません。やっと
顔を上げたのですが顔に傷があり生々しいので写真を加工、少し隠させてもらいます
神明神社のネコ05
野良として生きる中でケンカしてできたのかな?あと人間目線で年を取っているようにも
見えなくもないので動きが鈍かったのかも。それにしてもたまたま立ち寄った
会津の町の神社で続けてネコを見かけるとは、なんとも不思議

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

おやしろのネコ

具体的な住所がわかるものがありませんが、福島県会津若松市内の小さな神社
駅から少し離れた場所ですが通りに面しているので地元の方ならみてわかるかな?
おやしろの猫01
敷地内は社務所も神楽殿など建物は無く社殿がこじんまり鎮座する場所(なぜか机が一台
おやしろの猫02 おやしろの猫03
そんな神社の前を通ると視線を感じ、境内を覗いてみると鳥居のむこうにネコ一匹
おやしろの猫06
あんまり近づいたら逃げてしまうと思い離れてカメラを向けて撮影(あっちはみてますけど
おやしろの猫04 おやしろの猫05
そのうち飽きてきたのか目線をしたのほうに向ける始末、おそらく野良猫なのでしょうが灯籠の下で
しゃんと座っているとなんだか神様の使いっぽくも・・みえないか。単なるネコだし

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

全線開通待つ常磐線「竜田駅」

東京(上野)から千葉、茨城、福島を通り宮城(仙台)までを結ぶJR常磐線。2011年3月に
おきた東日本震災、その後の原発事故の影響により2016年現在も一部が不通のまま
常磐線竜田駅01
そんな路線で東京方面から電車だけで行ける最北の駅、福島県楢葉町の「竜田駅
ここから北方(双葉、浪江)には代行バスによる輸送が行われています(2016年3月
常磐線竜田駅05 常磐線竜田駅04
毎年東日本震災の起きた3月11日が近づくと自分の目で震災に関係した地域を
訪れているのですが、今回はここまできてみました。ただ、竜田駅周辺は商店もなく
震災前だったらまず観光目的では降り立たないような駅(観光地はなくはないみたい)
常磐線竜田駅02
そんな駅周辺なのですが今は代行バスが乗り降りする関係上、地元の方や自分のように
震災・原発事故の足跡をたどる人が終点駅を下車。自分が訪れた日は、休日ということもあり
下車した人で十数人、その中からさらに北へ向かおうとする人とすでに代行バスに乗車して
いた人がいてバスは二十人くらいかな?正直思った以上に人がいるという印象を受けました
常磐線竜田駅07 常磐線竜田駅06
ちなみに代行バスで竜田~原ノ町まで行きそこから電車が運行され、相馬からまた代行
バスを使っていくと上野を始発朝5時で出発して午後2時半くらいには仙台に行くことは
2016年3月現在、可能です(実際そういうルートで移動された方のサイトを見ましたし
常磐線竜田駅03
駅のプラットホームから海岸線を眺めてみると工事をしている風景が見えました。
常磐線の全面復旧は2020年という計画が2016年の時点で発表されていますが、
おざなりな言い方ですが一日も早い復旧を切に願います

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

黄緑色っぽい野鳥

3月中旬にに訪れた福島県いわき市小名浜海岸ちかくの道路を歩いていると岩壁に何やら発見
黄緑色っぽい野鳥01
遠目から見ても色が黄色、少し黄緑色っぽい体の色をした野鳥
黄緑色っぽい野鳥02
すばしっこくあたりを飛び回っていてまるでカメラでとらえることができません
黄緑色っぽい野鳥03
数羽いたのですが結局、顔のあたりはまったく撮影できませんでした
羽根の色や模様から「アオジ」という鳥だったのでしょうかね。またどこかで会えるかな


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

小名浜の津崎神社

福島県いわき市三崎公園から小名浜港に向かう途中に鎮座している津崎神社
小名浜の津崎神社01
港ちかくなので海の安全を祈願するための鎮守様といったところでしょうか
小名浜の津崎神社03 小名浜の津崎神社06
朱色というよりも濃い赤色の鳥居をくぐると小さな社殿だけのある境内
小名浜の津崎神社02
高台にたち小名浜港が一望できます。今では平穏を取り戻したような光景が広がる
漁港ですが、東日本大震災のときはここから津波などを見つめていたのでしょう
小名浜の津崎神社04 小名浜の津崎神社05
少々登り階段がきつかったのですが、降りるときの方が少し怖かったです

いわき市観光情報サイト
http://www.kankou-iwaki.or.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)