カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「千葉県 」カテゴリ記事一覧


早咲きのコスモス

8月中旬の千葉県我孫子市、手賀沼周辺の遊歩道からすこし外れた田園地帯にコスモス
早咲きのコスモス01
冒頭に時期を書きましたが、写真からは証明するものはありません。ただ間違いなく8月中の写真
早咲きのコスモス02 早咲きのコスモス03
コスモスというと秋の花のようなイメージですが、すでに十数輪の花が咲いています
早咲きのコスモス04
広大ななので早咲き品種が植えられているというわけではなく、日照条件、
成長具合などの条件からたまたま早く咲いたといったところでしょうか
早咲きのコスモス05
咲いている花はそれなりにきれいですけど、まばらな花はちょっと寂しい気がします
季節が進むと一面の花が咲くと思うので、また別の時期に見物してみたいものです



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サクラの木とアブラゼミ

この記事にはアブラゼミ、虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承ください

今年(2017年)の関東地方は、8月中旬が連日曇り空で気温も夏らしくない陽気
サクラの木のアブラゼミ01 サクラの木のアブラゼミ02
それでも都心でも郊外でもセミの鳴き声はしきりと聞こえてきます。この日も曇り空で
写真が暗くわかりづらいですが、郊外の公園の桜の木にも一匹のアブラゼミ
サクラの木のアブラゼミ03
関東はセミの代表格のアブラゼミ、ジージーと聞きなれた鳴き声には先日の
ミンミンゼミ同様、写真で聞こえないことは幸いなのかも

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハクチョウの親子かな

水辺でハクチョウをみかけた手賀沼のほとり、そのまま歩道を歩くと白鳥の団体さんがゾロゾロ
ハクチョウの親子01
つい先ほどハクチョウを一羽見て珍しがっていたのに、こんなにたくさんいるとは驚きです
ハクチョウの親子02 ハクチョウの親子03
親子連れでしょうか?一羽をのぞいてまだ真っ白というよりも灰色の羽根をしたトリがいます
ハクチョウの親子06
子供たちは草むらで遊ぶ?エサをとっているのを見守る母親父親?どっちかな?
ハクチョウの親子04
かなり険しい表情を浮かべることもありましたが、案外ちかくで撮影しても逃げません
ハクチョウの親子05
実は、このとき周囲にはランニングや散歩をしていた人がいてスマホで撮影をしていて
特に散歩していた人の連れていたイヌに警戒心を向けていたようです。頼もしい


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

水鳥三種

千葉県手賀沼のほとり、水草の間に白い影を見かけたので覗いてみるとハクチョウ発見
水鳥三種03 水鳥三種04
留鳥として定住しているハクチョウがいるとは聞いたことがありますが見かけると気持ちが高揚
足元にカモの仲間(カルガモかな?)もいますが、どちらかというと白鳥に目が行きます
水鳥三種02
角度を変えてみると、おや?ハクチョウの写真右側にアオサギがいます
水鳥三種01
よくよくトップの写真を確認してみるとこの時点で写真に納まっていたんですね
ガマの葉っぱや水面の光の具合であんな大きな鳥を全く気が付いていませんでした
水鳥三種06 水鳥三種05
水鳥が三種類、ニンゲン目線では仲よさそうにもみえなくもないですが、お互い
別種の野鳥なので何か気にするところもあるのか?ないのか?


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヒャクニチソウとタテハチョウ

この記事にはチョウチョ、虫の写真が掲載されています。苦手な方はご了承ください

前の記事と同じヒャクニチソウの花壇、別のチョウチョが花びらに止まっているのを発見
ヒャクニチソウとタテハチョウ01
羽根の模様からタテハチョウの仲間、ヒメアカタテハでしょうか。間違っていたらスミマセン
ヒャクニチソウとタテハチョウ02 ヒャクニチソウとタテハチョウ03
別記事のアオスジアゲハとはことなる構図でなるべく近寄って撮影してみることに
ヒャクニチソウとタテハチョウ04
意外とこちらも逃げずに。というよりも一度飛び立ってもまた戻ってくるお気に入りさ
ヒャクニチソウとタテハチョウ05
同じ種類の花に止まっているのに、こちらのチョウのほうが雰囲気的になんだかどっしりと
みてくるのはきのせいでしょうか。まわりの蝶によって花の印象も変わってきます

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)