カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「奈良県 」カテゴリ記事一覧


小川で水鳥とぷん

のどかな郊外に流れる小川。秋から冬にむかうなか草木も枯草色に変わっています
小川で水鳥とぷん01
そんな風景を眺めていると、川面に一羽の野鳥を発見。ある程度、何かいないかな?
と探した節はあるのですけど一羽だけというのはちょっと寂しいかな?
小川で水鳥とぷん02
遠い場所だったのでズームして撮影したけど模様や大きさからカイツブリの仲間かな?
小川で水鳥とぷん03 小川で水鳥とぷん04
水鳥なので観察している最中にもとぷんと水中に入ってエサを探している模様。
よもやこんなところから人間に見られている、なんて思わないんでしょうネ

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大鳥居と大神神社

奈良県桜井市の町を散策している途中、国道169号沿いで見かけた巨大な鳥居。あまり
高い建物のない桜井周辺に天空にそびえたつ鳥居をかなり遠くからも確認できました
桜井の大神神社01
近寄って確認してみると「三輪明神大神神社(おおみわじんじゃ)」の大鳥居だそうです
桜井の大神神社05 桜井の大神神社06
写真では分かりづらいかもしませんけど、周りの自動車などからその大きさがわかるでしょうか
桜井の大神神社09 桜井の大神神社10
さらに大鳥居に見合ってか大鳥居をくぐって普通の車道や歩道をすすむこと5分以上、途中
JR桜井線(万葉まほろば線)の線路を渡り(すぐ近くには三輪駅)「二の鳥居」に到着
桜井の大神神社02
鎮守の森に囲まれた玉砂利のひきつめられた参道を進んでいくと大きな社殿(拝殿)
桜井の大神神社07 桜井の大神神社08
大神神社には本殿はなく、拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し祭神の大物主大神(おおものぬし
のおおかみ)が鎮まる三輪山を拝するという原初の神祀りの様を伝える神社だそうです
桜井の大神神社03
ちょうど11月下旬だったので七五三参りの参拝客が多くお参りしていました。建物の
なかにお子さんたちにあげる風船も見えます(ちなみにこの風船にも神社の名前が
桜井の大神神社11 桜井の大神神社12
時期的には紅葉の季節にもあたるのでしょうけど、今年は暖かいせいかまだ境内の
モミジなどは色づいていませんでした(周りの木々が多いせいもあるのかな?
桜井の大神神社04
今回、桜井周辺は遺跡散策をメインにするつもりだったのですが、こちらに少し寄り道する
つもりがだいぶ時間をとられてしまいましたけど、とても有意義な史跡でした

三輪明神大神神社
http://oomiwa.or.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

桜井の纏向遺跡

11月に訪れた奈良県桜井市。数多くの古墳のある地区として歴史ファンには有名な町(だと思い
ます)JR桜井線と近鉄線の交差する桜井駅の駅前には古代をモチーフにしたモニュメントなどが
桜井の纏向遺跡01
でもお世辞にも賑やかな駅前という雰囲気はないかな。自分のみた観光案内所も無人でパンフレット
だけ置かれていたり駅前でひときわ目立っていたのは「まほろばの里卑弥呼」という商店でしたし
桜井の纏向遺跡04 桜井の纏向遺跡05
そんな桜井駅からJR桜井線(万葉まほろば線)で奈良方面に2駅ほどに向かった「巻向駅」
ここには古代「邪馬台国」女王「卑弥呼」のお墓といわれる纏向遺跡郡の「箸墓古墳」があります
桜井の纏向遺跡06 桜井の纏向遺跡07
どのようなものかと地図を頼りに歩いてみると、田んぼの真ん中に不自然にこんもりとした森
桜井の纏向遺跡02
いわゆる陵墓と呼ばれるもので空中から見ると前方後円墳になっているそうですが、地上から
みるとたんなる丘のようです(でもちゃんとフェンスで囲われて内部には立ち入り禁止です)
桜井の纏向遺跡10
ちなみに写真右手に写っている「箸中大池」はため池百選なのですが、本来池越しに古墳を
見るべきだったのでしょうけど道を間違えました(なんか以前もこんな見方をしたことが・・
桜井の纏向遺跡09 桜井の纏向遺跡08
巻向駅周辺は見てのとおりのどかな日本の原風景のような田畑の広がる場所ですが
辻々の案内地図、矢印には遺跡や史跡があるとのことで散策している観光客もちらほら
桜井の纏向遺跡03
できればもっと回りたかったのですが時間の関係上回り切れずかなり物足りない気分(おそらく
歴史ファンの方にはご不満もあるかと)またいつかゆっくり散策してみたいものです

桜井市観光情報サイト
http://www.city.sakurai.lg.jp/kanko/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「日本一たい焼き」というお店

奈良県桜井市を散策中にみつけた「日本一たい焼き」というお店。
日本一たい焼き
「たいそうな名前の鯛焼き屋さんだなぁ?チェーン店かな?」と訝しげに思いつつ
最初は素通りしたのですが、なんとなく気になったので引き返して店に入ってみました。
店内にはおいしさを引き立てるための「口上」が書かれていまして、中でも印象に残ったのは
鯛焼きには”養殖モノと「天然」モノの鯛焼きがある”という言葉

まぁいろいろ書いてあっても実際食べてみないと、ということでアンコとカスタードの2匹を購入
たい焼き
この日は、昼ご飯を食べ損ねていたので
まだ暖かく、こうばしい香りが漂うタイ焼きにたまらず
電車の待ち時間の合間、誰もいないプラットホームでかぶりついてみると
鯛焼き
ウン。空腹もあいまっているせいもあるけど、なかなか美味しい
おざなりな表現ですがパリパリとした食感の皮に、シッポまで入っているアンコ。
こうブログなどでお店の食べ物に良さげなことを書くと
お店の回し者、宣伝って思われてしまうことは重々わかってはいますが、
日本一鯛焼き”かどうかは人それぞれの判断だと思いますけど
個人的にはよかった一品でした

なお公式サイトを見るとやはりチェーン店のようで、
まだ関東関西よりも創業した九州を中心にしたお店のようです

日本一たい焼き
http://www.nipponichitaiyaki.com/index.html
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

散歩中にみつけたワンコ

何か言ってます
奈良のとある町を散歩中にみかけた二匹のワンコ
観光地のおみやげ物屋さんの近くにつながれていたので
そこのお店の飼い犬だとは思うのですが・・・

右のワンコ寝姿があまりに無防備で思わず
カメラを向けて撮影してしまいました
ちゃんとおなかが動いていたので死んでいるわけではありません。

その寝姿を左のワンコがみて絶対、
何か言っていそう、思うところがある表情しているのが
なんともほほえましく感じました
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)