カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「青森県 」カテゴリ記事一覧


津軽半島で見た風景

5月の連休に訪れた青森津軽半島今別町周辺およびバイパス沿いで見かけた風景
津軽半島いろいろ01
平野と山々が見える景色、この写真の中間あたりを津軽線の線路が走っています。山の名前は
正確にはわかりませんけど丸屋形岳という山かな?山の向うには陸奥湾があるあたりです
津軽半島いろいろ02
5月初旬、ゴールデンウィーク中だったのでまだ沿道にはサクラの花をみることができました
津軽半島いろいろ05 津軽半島いろいろ04
左上、最初お寺か神社かと思ったのですが一般の方のお宅だと思います。あまりに立派
だったので撮影してしまいました。あと右上は急な階段の上の神社、地元の御社かな
津軽半島いろいろ03
まっすぐ伸びた今別バイパス。このまま進むと竜飛崎のある外ヶ浜町。これだけみると
北海道の風景のようですけど、証明するものはないのですがちゃんと津軽半島です
結構目につきやすいものを撮影したので地元や訪れた人、某マップサイトでわかるかなぁ

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

郊外散策中に見かけた野鳥

津軽半島旅行中、郊外の道路を歩いていたときに見かけた野鳥たち。なにぶん移動中に
みかけたトリたちだったので分かりづらい、お見苦しい写真も多々ありますのでご了承を
郊外散策中の野鳥02
林の中を飛び待っていた野鳥。結構な大きさだったのですがなかなか体の向きを変えません
郊外散策中の野鳥04 郊外散策中の野鳥05
頭や体の模様からカケス?人間がいるのを知ってか知らずか?こっちを向いてほしかった
郊外散策中の野鳥01
すでに電線がある時点で民家もちかくにあり住宅地も近いので身近なヒヨドリあたりかな
郊外散策中の野鳥06 郊外散策中の野鳥07
すこし住宅街から離れた畑のある山野にでると何処からともなく飛んできた大型の鳥
郊外散策中の野鳥03
トンビあたりかな?そのうちいずこへと飛んで行ってしまいました。とっさに飛んできたり
見かけたりした野鳥でしたけど、ちょっと郊外を歩くだけでも意外と出会えるものです


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

たくましいフキノトウ

津軽半島旅行中に歩道でみかけた、コンクリートの斜面のパイプ管から伸びていたフキノトウ
160517_001.jpg
というか蕗の薹とかいう可愛いものじゃなく完全にたくましく茎が伸びきって花までついています
たくましいフキノトウ02 たくましいフキノトウ03
周囲は木森の多い自然豊かな道路で誰も手入れしていないのにいやに大きいような?
それにしても壁の穴に上手い具合にタネが落ちて、それがこんなに成長するとは・・
160517_004.jpg
なんだか全く別の植物、もしくはこういう生き物のようにも見えてきます。偶然、目的に向かう
路肩を歩いているときにみかけた草花でしたけど、こういう発見もあるんですね

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

奥津軽いまべつ駅と津軽二俣駅

2016年3月に開業した北海道新幹線、その本州最北端の駅「奥津軽いまべつ駅」
奥津軽いまべつと津軽二俣01
今回の東北旅行では津軽半島が目的だったのでせっかくなので新幹線でこちらの駅で
下車、ゴールデンウィーク中に訪れた時はまだ真新しい駅舎が新鮮に感じました
奥津軽いまべつと津軽二俣08 奥津軽いまべつと津軽二俣09
駅周辺は・・正直なにもありません、大都市以外の新幹線の駅といふものこんなものですか
しかも駅ちかくの駐車場には「日本一小さい新幹線のまち青森県今別町」という記念碑が
今後、今別よりもちいさい町に新幹線が止まるようになったらどうなるんでしょうねぇ
奥津軽いまべつと津軽二俣03
連休中だったので下車する人もいるのですが、新幹線で乗り降りする人は十数人程度と
見受けたのですが、不思議なことに駐車場には多くの車が停車しています
奥津軽いまべつと津軽二俣14 奥津軽いまべつと津軽二俣10
よくみると新幹線には乗車しないけど駅舎に新幹線見物だけしにきているご家族づれなどが
結構いるみたいです。それでも駐車場の車の量とは釣り合わないかなぁ・・
奥津軽いまべつと津軽二俣04
なお、奥津軽いまべつ駅の隣にはもともと津軽線の津軽二俣駅がありました
いわゆる在来線ということで北は三厩、南は蟹田、青森方面へと行くことができます
奥津軽いまべつと津軽二俣12 奥津軽いまべつと津軽二俣11
駅舎どうしは駐車場の敷地を通り繋がっています、屋内のを通るで雪の日はいいかな?
(同じ駅舎にすればいいとかあるんでしょうけど・・まぁ大人の事情とかでしょうかね)
奥津軽いまべつと津軽二俣02
津軽二俣駅の駅舎(といってもホームしかない小さい駅)には道の駅があり、食堂や
お土産物屋が併設されていました。また駅前にはサクラの花が見ごろでした(5月初旬
奥津軽いまべつと津軽二俣06 奥津軽いまべつと津軽二俣07
津軽半島の観光が終わって再び駅舎に戻ってきて(行きは予定があったので余裕もなく
駅舎をみていなかったので)ホームを見物してみるといろいろ興味深いものを発見
奥津軽いまべつと津軽二俣13 奥津軽いまべつと津軽二俣15
っと新幹線は赤紫色の以前からの「はやぶさ」の車両。ちなみに東京からの車両も同じ。
せっかく「北海道新幹線」に乗車したのでできれば新しい車両に乗りたかったですけど
奥津軽いまべつと津軽二俣05
自分はここから新青森までもどり青森に行ったのですけど、奥津軽いまべつと新青森
一駅とはいえ新幹線でも結構距離がありました。新しくオープンした駅なので
周辺をふくめこれから発展していくのでしょうかねぇ

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

野原の・・ナンダコレ?

青森県の津軽半島、今別バイパス沿いの野原でみかけた鉄骨だけの奇妙建造物
野原のナンダコレ?01
何だこれ?あたりには民家がまばらでどこかのお宅のモノとは言い難く、小屋か施設のようなものが
あったのが、その外壁がとれてしまったのでしょうか?このままということは無さそうですし
野原のナンダコレ?02 野原のナンダコレ?03
金属の蓋のようなものも見れるので農業用の用水か?液体でも貯めているのでしょうか
しかも木製のハシゴも何に使うのか?知っている人はなんだかわかるんでしょうかね

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)