カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「和歌山県 」カテゴリ記事一覧


高野山の極楽橋

和歌山県の高野山、山頂にむかうケーブルカーとの乗りつぎ駅でもある南海電鉄
高野線の終着駅「極楽橋」。次の電車まで時間があったので駅舎をでて周辺を散策

極楽橋の名のとおり、改札をでて川沿いに徒歩2~3分も歩くと朱塗りの橋脚
高野山の極楽橋01
こちらが極楽橋だそうで、渡ったからと言って極楽行きということはありません
高野山の極楽橋02 高野山の極楽橋03
現在は山頂へのハイキングコースとなっているので前方を登山装備した人がいます。
自分は待ち時間の合間なのでそのまま引き返すことに、7月上旬でしたがまだ紫陽花が
高野山の極楽橋04
この日、ケーブルカーと南海電車のホームをつなぐ回廊には涼し気な風鈴が飾られ
垂れ下がる短冊になんか書かれているようですけど、内容までは見えませんでした
高野山の極楽橋05 高野山の極楽橋06
駅構内からも見ることができたのですが、乗り換えで慌しく最初は気づかずじまい。
外から眺めてみると風情ある風景と、高野山への(鉄道での)入口なだけに
願い事をかくと良いことがありそうですネ(叶うとかは別として

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自生?百合の花

こちらも場所を表すものがありませんが、高野山でみかけたユリらしき植物
自生?なユリ01 自生?なユリ02
別記事で紹介したユリの花をみた場所から市街地(宿坊)に歩いている途中で発見
自生?なユリ03
人気(ひとけ)のない寺院らしき建物の門扉に咲いていたのと、見た目から自生のもの
とは思い難い姿、かつて建物の所有者が育てていたのが野生化してしまったのかナ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユキノシタの花

場所を示すものはないのですが、いちおう和歌山県の高野山の草薮でみかけた白い
ユキノシタの花01
標高の高い山地なので珍しい植物なのかな?と思ったのですが、調べてみると平地でも
見かける「ユキノシタ」という植物の花のようです(間違っていたらゴメンナサイ
ユキノシタの花02 ユキノシタの花03
葉っぱが印象的な草花で名前は知っていたのですけど、このような花が咲くとは初見です
ユキノシタの花04
白く下方に伸びた花びらと上に伸びた花びらには赤紫色の装飾のような模様があり
場所柄なんだか神妙でご利益がありそうな気持ちになりました

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

高野山の女人堂付近

真言密教の総本山、高野山。数年前にも訪れたことがあるのですが、そのときは高野山
市街地にある史跡など定番のスポットに訪れたので、今回はすこし手前の入口ふきんを観光
高野山入口ふきん01
高野山へ向かう南海電鉄の電車からケーブルカーを乗り継ぎ、路線バスで最初のバス停「女人堂
入口の真横にたつ御堂はかつてここより先、女性の立ち入りを禁じていたことを伝える貴重な建物
高野山入口ふきん02
現在は女性でも自由に入山可能。ちょうど自分が下車したときも多くの観光客がいましたし
高野山入口ふきん05 高野山入口ふきん06
以前は7つあったそうですが、現在はこの建物のみ。内部の見学も可能だそうです
高野山入口ふきん08 高野山入口ふきん07
その正面に鎮座する大きなお地蔵様「お竹地蔵尊」。比較するものがありませんがかなりの大きさ
高野山入口ふきん03
入口をくぐり下り坂を降りていくと途中に寺院などが立ち並んでいます。ひとつひとつも由緒ある
お寺、とくに六文銭が彫られた蓮華定院などは真田幸村が蟄居した場所とのこと
高野山入口ふきん09 高野山入口ふきん10
弘法大師が自ら彫った浪切不動明王が奉られる「浪切不動尊」もこのあたりになります
こちらには徳川家霊台もあり、熱心な参拝客のかたが真剣に見学していました
高野山入口ふきん04
これより先は個人的に昔、観光してしまった場所なので、中途半端な高野山記事ですけど
紹介はここまで(過去記事か現地で)。それでもこの付近だけかなり神秘的な雰囲気

高野山真言宗 総本山金剛峯寺
https://www.koyasan.or.jp/


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

高野山奥之院

高野山のなかでも別格の聖地・奥之院(おくのいん)
一の橋
参道入口一の橋からおよそ二キロにのびる参道の最奥、弘法大師御廟には
現在でも祖師・弘法大師(空海)が一人入定し、人々を救済していると信じられています
司馬遼太郎石碑 参道補修中
参道には多くの苔むした墓石があり、その多くは歴史になだたる武将などのもの。
まるで歴史の教科書を読んでいるような気分になります
お墓 墓石
御廟橋より奥はカメラ撮影禁止、撮影できるのはここまでです。
奥之院
マナーというレベルではなく、ホントウにここから先は
信仰心などなくても厳しい空気が立ち込めている雰囲気漂う聖なる場所でした

入るときも目にはついていたのですが、御廟をでてすぐ左手側には水向地蔵。
水向地蔵 びしょびしょ
水がかけられてツルツルです
御供所 休憩所

そびえる木々


高野山宿坊組合・高野山観光協会ホームページ
http://www.shukubo.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)