カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「和歌山県 」カテゴリ記事一覧


高野山奥之院

高野山のなかでも別格の聖地・奥之院(おくのいん)
一の橋
参道入口一の橋からおよそ二キロにのびる参道の最奥、弘法大師御廟には
現在でも祖師・弘法大師(空海)が一人入定し、人々を救済していると信じられています
司馬遼太郎石碑 参道補修中
参道には多くの苔むした墓石があり、その多くは歴史になだたる武将などのもの。
まるで歴史の教科書を読んでいるような気分になります
お墓 墓石
御廟橋より奥はカメラ撮影禁止、撮影できるのはここまでです。
奥之院
マナーというレベルではなく、ホントウにここから先は
信仰心などなくても厳しい空気が立ち込めている雰囲気漂う聖なる場所でした

入るときも目にはついていたのですが、御廟をでてすぐ左手側には水向地蔵。
水向地蔵 びしょびしょ
水がかけられてツルツルです
御供所 休憩所

そびえる木々


高野山宿坊組合・高野山観光協会ホームページ
http://www.shukubo.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

高野山壇上伽藍

奥之院とならび高野山の二大聖地である壇上伽藍(だんじょうがらん)
大伽藍 東塔
金剛峯寺から大門方面に向かい、細長い蛇腹路(じゃばらみち)を進むと
目の前に巨大な朱色の根本大塔が眼前にそびえ立ちます
根本大塔
高さ50メートル、四面30メートル伽藍の中心として、高野山のシンボル。
金堂
その隣には高野山一山の総本堂である金堂(こんどう)があります。

すぐ近くには弘法大師が唐から伽藍建立を占ったとき、
仏具三鈷がかかったといわれる「三鈷の松」と呼ばれる松の木が植えられています
三本の松葉 タテモノ
松葉が三本になるということで、珍しくご利益もあるというらしい?
ので、観光客の団体さんたちがこぞって拾い集めていました

また、寺院境内になぜか鳥居があります
山王院
1171年以前に創建された山王院とよばれる社殿
こちらでは仏教宗派の総本山でありながら神道の”神様”を祀っているそうです。
御社 御堂
年内行事の大半をこの場所で行うということもあり
早朝、金堂ちかくを通るとお経を唱える声が響き渡っていました

高野山宿坊組合・高野山観光協会ホームページ
http://www.shukubo.jp/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

高野山金剛峯寺

和歌山県高野山の金剛峰寺(こんごうぶじ
こんごうぶじ
もともと高野山自体を金剛峯寺(「こんごうぶじ」、「こんごうぶうじ」)と呼んでいたそうですが
現在はこちらの寺院をさすようになったそうです
参門 樹木
山内117つの寺の中心寺院であり、高野山地域のほぼ中央でもあるため多くの参拝者が訪れていました
金剛峰寺
社殿は檜皮葺き、内部には狩野探幽の襖絵、日本最大の石庭庭園があるそうです
建物 タテモノ

高野山宿坊組合・高野山観光協会ホームページ
http://www.shukubo.jp/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

高野山大門

11月の飛び石連休を利用して訪れた和歌山県高野山
JR和歌山線橋本駅から南海高野線に乗り換え、ケーブルカーに揺られて
さらに路線バス高野山山頂に到着
大門
町のほぼ中央に位置する観光協会でレンタサイクルを借りて、
まず最西端の「大門(だいもん)」へ。

高野山大門 総門
高野山の総門たる巨大な参門
高野山
開創当時は現在の位置よりも下の場所にあり、高野山の入り口として立てられていたそうです。
高野山の参拝、観光を始めるに当たって最初にみると気が引き締まります

高野山宿坊組合・高野山観光協会ホームページ
http://www.shukubo.jp/
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

雨の那智の滝

青春18きっぷの旅2日目その4。
世界遺産那智山といえば、日本最大の水量をほこる「那智の滝」。
日本三大名滝のひとつといわれる、那智大滝、
もっとも有名なのは「那智四十八滝」の「一の滝」。
那智熊野大社、那智山青岸渡寺から徒歩数分歩くと
三重の塔越しに滝が・・・
0809-051.jpg
なんかうっすら見える
ガスがほとんど切れることなくぼんやりと滝が見えています
きっと、きっと晴れた日はすばらしい光景なんでしょう

0809-054.jpg

三重の塔から坂道をくだると
ところどころから滝の姿が見えます
0809-056m.jpg 0809-057m.jpg

さらにくだると那智勝浦駅とを結ぶ路線バスの停留所もある
熊野那智大社の別宮、飛神社(ひろうじんじゃ)前にたどり着きます。
0809-064m.jpg

この神社の下り階段をくだりきると、高さ133メートル、幅13メートル、
毎秒10トンもの水が落下する大滝が目の前に現れます
0809-060.jpg
滝つぼからはだいぶ離れていても
ものすごい轟音、地響き、水しぶきが飛んできます。
0809-062.jpg

0809-065m.jpg 0809-063m.jpg


那智勝浦観光ガイド
http://www.aikis.or.jp/~nachikan/map/

和歌山県観光情報
http://kanko.wiwi.co.jp/

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ blogram投票ボタン



FC2トラックバックテーマ  第793回「一度は行ってみたい世界遺産」

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)