カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「岐阜県 」カテゴリ記事一覧


明知鉄道の明智駅

岐阜県恵那市明智町の「日本大正村」最寄り駅にして明智鉄道の終着駅、明智駅
明智駅周辺01 明智駅周辺02
駅近くには大正村にちなんでか?モダンな雰囲気の商工会議所。列車発車まで時間が
あったので、駅構内を見物するとマスコットキャラクターの「てつじい」と「てっちゃん
明智駅周辺04
後ろの人型をしているかかしのようなのは日本大正村の「大正ロマンちゃん」かな
また駅の天井には地元の人たちが描いたSL機関車”C12”の絵が飾られていました
明智駅周辺03
実は気が付かなったのですが、駅構内にこの車両が保存されており2019年には動く状態で
保管する、動態保存するそうでイベントなどで運転するのかな?鉄道ファンが集まりそう

明知鉄道
https://www.aketetsu.co.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大正浪漫館と旧三宅家

岐阜県恵那市明智町の「日本大正村」、大正時代の町並みをぬけ高台に行く欧州風の庭園、
生垣にさわやかな緑色の屋根をした白亜の洋風建築の邸宅「大正浪漫館」にたどり着きます
大正浪漫館と旧三宅家01
内部は有料施設でヨーロッパの家具やオルゴールなどが展示、さらに明智町出身の
洋画家・山本芳翠の絵画も展示されており、名前の通り大正ロマンに浸れる場所です
大正浪漫館と旧三宅家04 大正浪漫館と旧三宅家05
その建物の前には2体の銅像、お相撲さんは大正村の議会議長・第44代横綱栃錦
(春日野清隆)、女性の方は初代大正村村長の高峰三枝子さん
大正浪漫館と旧三宅家02
どちらも大正村発展のため尽力を尽くした功績から立像。こんな方でしたっけ・・
さらに坂道をのぼると、大正琴の記念碑や民家のような建物がみえてきます
大正浪漫館と旧三宅家06 大正浪漫館と旧三宅家07
こちらは旧三宅家、江戸時代のころの母屋を残し明智町指定の文化財だそうです
大正浪漫館と旧三宅家03
昔の日本の農村には茅葺屋根の住宅があったのですが、こういう風景もいまじゃ大正村
ようなテーマパークでしかみることもなくなりましたね。ちなみに、さらに上には、明智光秀の
生誕の城といわれる明知城跡があるそうですがそこまでは時間の関係で行けず断念

日本大正村
http://nihon-taishomura.or.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

恵那市の日本大正村

1月初旬に訪れた岐阜県恵那市明智町の「日本大正村」、中央本線恵那駅から明知鉄道に乗り換え
終着駅明知駅から徒歩4~5分歩くとレトロモダンな建物「大正村浪漫亭」が見えてきました
恵那市の日本大正村01
内部はレトロな雰囲気のショップ、お土産物屋さんとなっており、2階はレストランになっています
恵那市の日本大正村04 恵那市の日本大正村05
それにしても駐車場付近に3代目村長として女優「竹下景子さん」の名前の幟旗がちょっと
恵那市の日本大正村02
日本大正村は昭和50年代、技術革新によりそれまで賑わっていた明智町が衰退していく
ことを憂い、観光事業の一環として大正時代を彷彿させる街並み、建物を再現したもの
恵那市の日本大正村07 恵那市の日本大正村06
いわゆるテーマパークのはしりというものでもともとこういう建物が全て残こしていたわけではない
そうですが、全国からの有志でそれらしくなっていき今となっては本当に大正の町並みそのもの
恵那市の日本大正村03
一部は大正以前の建物もあり、資料館などとして有料施設もありますが、基本無料で見物
恵那市の日本大正村09 恵那市の日本大正村08
ちなみに日本大正村役場には大正の年号が掲げられており、2018年は大正107年に
あたるそうです。町並みはさらに奥へがあるので記事も続きます

日本大正村
http://nihon-taishomura.or.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

飛騨高山の招き猫

3月中旬に訪れた岐阜県、飛騨高山の町。街中を歩いていると巨大な招き猫を発見
高山の招き猫01
商売繁盛、集客万来の縁起物である招きネコ、でもよくみると台座には「馬頭さま」のお札
高山の招き猫02 高山の招き猫03
すぐ近くに「馬頭の絵馬市」が行われる山桜神社があるからか?ただ猫なのに馬と
書かれているのはちょっと不思議。まぁこれを見て馬の像とは誰も思わないでしょう
高山の招き猫04
さらに進むと同じような招き猫がいました。どこが違うか気づいてもらえるかな?
高山の招き猫05 高山の招き猫06
撮影したのはまだ観光客で賑わう前の午前中だったのですが、このあと観光客が
出始めると招き猫周辺では国内外の人がこぞって撮影していました

高山市観光情報|高山市公式ホームページ
http://kankou.city.takayama.lg.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬木立のスズメたち

春まだ遠い3月中旬に訪れた岐阜県のとある街、川べりの冬木立よく見るとスズメでいっぱい
冬木立とスズメたち03 冬木立とスズメたち04
写真では同系色になってしまってわかりづらいですけど(天敵から身を守るため、
保護色の意味合いがあるのでしょう)肉眼で見ると数十羽はいるであろう雀たち
冬木立とスズメたち01
花も葉っぱもない樹木ですけどしだれた枝からシダレザクラ?なんて思いましたが
詳しくはわかりません(見る人がみればこの状態でもわかるのでしょうけど)
冬木立とスズメたち05 冬木立とスズメたち06
近づいて撮影しようとすると、カメラを構えた瞬間に半分くらい飛んで行ってしまい、
わずかに残ったすずめたちにスポット当てると数羽で何かを話し合っているかのよう
冬木立とスズメたち02
まだ冬の寒さを感じる地域、時期だったので、寒風をうけるスズメたちがとても寒そうで
木々に花や緑が増えて、雀たちもぬくもれる春が来るのが待ち遠しく感じる風景でした

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)