カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「杉並区 」カテゴリ記事一覧


高架下の駐車場

鉄道線路の高架下が歩行者通路駐車場になっていた場所、コンクリートの柱とほぼまっすぐに
伸び先端は遠近法の消失点になる風景にひかれて、周りに人もいなかったので撮影することに
高架下の駐車場03
駐車場通路を利用している人にはなんでもない日常のありふれた光景でしかありませんが
自分が見た時は人や車が出入りする場所なのに誰もいないという少し現実離れした印象
高架下の駐車場01
さらにイタズラとしてカメラのカラーバランスを変えてみるとより不思議さが増したような
高架下の駐車場02
あたりまえだと思っている場所も見る人によってはなんだか惹かれる景色ってのもあるもので

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

野鳥は橋の下

都内のとある公園、一羽の野鳥が飛んできたので追いかけてみるとちいさな池に着水
150213_001.jpg
上の写真左下。すぐ近くには来園者が普通にわたる橋まである場所、気が付いて不思議そうに
眺める人もいます。野鳥の種類はサギの仲間、小型なのでコサギでしょうかね?
野鳥は橋の下03 野鳥は橋の下04
まわり込んで近寄ってみたのですが逃げずに懸命にエサを探しています。
150213_002.jpg
ハトやスズメくらいなら逃げなくてもそれほど驚きはありませんが、これくらいの鳥だと
ちょっと意外でしょうか。都会の野鳥だから人間を恐れていないのかな?

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬枯れの木とヒヨドリ

都内の公園、園内を流れる小川に沿う歩道をあるいていると背中に視線を感じ振り返ると野鳥発見
キブシとヒヨドリ02
とりたてて珍しいとはいえないヒヨドリですがかなり近い距離だったので急いでカメラを構え撮影
キブシとヒヨドリ04 キブシとヒヨドリ03
冬枯れの枝にはまだ朽ちた果実が残っており、その特徴的な実の付き方からキブシの木かな?
キブシとヒヨドリ01
とっさのことで写真がピンボケしてしまってお見苦しいですが、数メートルもない近さだったので
肉眼でもわかるほど模様や顔つきがはっきりと確認。むこうは気づいているのかいないのか?
あっちをむいたりこっちをみたりする仕草


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

川向こうの野鳥

川向うの歩道に何かが動いているのに気が付きカメラを構えて撮影
川向うの野鳥01 川向うの野鳥02
どうやら野鳥みたいだけど、ちょうどいたスズメとは違う模様。珍しい野鳥かなと期待
川向うの野鳥03
そのうち木の枝に止まり、自分のいる川岸にも飛んできてくれたのでズームしてみると
川向うの野鳥04
うーんどう見てもシジュウカラ四十雀)のようです。珍しさという点では
それほどではありませんかね、でも出会えた偶然には感謝

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

公園の三羽ガラス

都内の公園を散策していると三羽カラスがけたたましく鳴いている光景を目撃
公園の三羽ガラス01
実は写真右側の木々の中にカラスの集団がいたのでそちらを警戒、威嚇しているようです
公園の三羽ガラス04 公園の三羽ガラス05
あまりこちらを気にしていないのでそのまま撮影しているとさすがに疲れたのか?一旦休止。
そのうち二羽が飛び立ち、一羽だけとなりましたがその姿がなんだか銅像みたい
公園の三羽ガラス02
この一羽もどこかに飛んで行ったのですが、すこし園内を歩いていたら、また別の池のほとりの
柵に三羽の鴉が一緒に止まって鳴いていました。先ほどの三羽でしょうか?
公園の三羽ガラス06 公園の三羽ガラス07
カラスの生態には詳しくはないので血縁関係?仲間、グループなのかいろいろ想像が膨らみます
公園の三羽ガラス03
「三羽ガラス」という言葉はありますが、ホントウに三羽の烏が行動しているとなんだか奇妙です



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)