カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「品川区 」カテゴリ記事一覧


陸橋の影絵

品川駅のちかくにて、日差しに照らされて橋の欄干に彫られたリリーフ(装飾)でできた
陸橋の影02 陸橋の影03
陸橋の欄干なので本来は橋にほられているほうをを楽しむべきなのでしょうけど、
高い真夏の日差しでできたくっきりとしたその光景に思わずカメラを構えて撮みました
陸橋の影01
絵』というほどではなく、これ以上変わった風景ということではないのですが気になったので

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

数本だけのユリの花

都内で見かけた詳しい品種を知らずともラッパ状の花びらをしたオーソドックスなユリの花
ユリの花数本01
種類はテッポウユリ?ただ、この百合の花をみかけた場所がちょっと個人的に違和感を感じました
ユリの花数本02 ユリの花数本03
場所は品川駅からちょっと歩いた場所、辺りは高層マンションが立ち並ぶ地域。そんな無機質
な環境の花壇というよりも単なる植込みのような場所に咲いていました(伝わりづらいですが
ユリの花数本04
すっと伸びた茎が何本か伸びており花が咲いて居るのですが、憩い、癒しのために植物が
植えられているというほどもなくまばらにポツリポツリと咲いていました。意図的に植えられた
にしてはいささかお粗末にも感じ、なにかの偶然で育ってしまったのか?とも思えたり

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

道端のマルバルコウソウ

都内の路上を歩いていると高架橋下の壁際の草むらに何やら赤い物が視界に入りました
道端のマルバルコウソウ01 道端のマルバルコウソウ02
何だろう?と思い、周りに人もいなかったので近寄ってカメラを向けて確認してみると
緑の葉っぱに覆われた中に小さなラッパ状の赤、橙っぽい花が数輪、咲いていました
道端のマルバルコウソウ03
「花の見た目はルコウソウ?でも葉っぱが違うナァ?」と思いつつ、
後日調べてみると「マルバルコウソウ」(丸葉縷紅草)と思われます。
まわりの草に絡まってわかりづらいですが葉っぱは丸いハート型をしてます
道端のマルバルコウソウ04 道端のマルバルコウソウ05
野生化してほぼ雑草となっていると記載しているサイトもありましたが、
都内(結構ビルや住宅の多い場所)の道端での発見だったので意外に感じました


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

旧東海道沿いの法禅寺

かつて品川宿のあった旧東海道沿い、品川区北品川に鎮座する臨海山法禅寺
通りから少し奥まった場所。第一京浜よりに入った場所にレンガに囲まれたお寺、
門前に「品川小学校発祥之地」という石碑、門扉の植物の生え方も歴史を感じます
旧東海道の法禅寺01
境内で何やらカメラで撮影している参拝者の人をみかけて興味がわき彼らが去った後に
立ち寄ってみました。どうやら先に撮影されていた方々はこちらの史跡を撮影されていたようです
旧東海道の法禅寺04 旧東海道の法禅寺05
左上のレンガ造りの建物内に収められているのは石造の供養塔「法禅寺板碑」、
右上は天保の大飢饉でなくなった人たちを祀る供養塔の流民叢塚碑(るみんそうづかひ)。
どちらも品川区指定の有形文化財、史跡にも指定されています
旧東海道の法禅寺02
立派なたたずまいの建物ですがあまり意匠はほどこされていない印象のシンプルな本堂。
旧東海道の法禅寺03
それ以上に気になったのは脇にたつ布袋様(ほていさま)、ふくよかなで恰幅のある
ほがらかな表情がなんとも心を和ませてくれました


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

北品川の品川神社

かつての東海道、品川宿の近くに鎮座する品川区北品川品川神社
北品川の品川神社01 北品川の品川神社02
京浜急行(京急)の列車の横浜、川崎~品川間を行く途中にあり、とくに品川の近未来的な空間から
ほんの数キロの場所に小高い丘とこんもりとした鎮守の森が以前から気になっていました
北品川の品川神社03 北品川の品川神社04
急な階段を上り、境内の鳥居をくぐると真正面に立派な社殿
北品川の品川神社09
由緒は文治三年(1187年)、源頼朝が安房の国(千葉県房総)に向かう途中の
海上交通安全祈願のために天比理乃命(あめのひりのめのみこと)を勧請したことに始まり
鎌倉時代末期、二階堂貞藤(道蘊)が宇賀之売命(稲荷神)、室町中期に太田道灌が素戔嗚を祀り
さらに江戸時代には徳川家の加護を受け、明治時代には東京の安寧を祈願した神社だそうで
時の為政者によって永い間、崇められてきた場所のようです。
そのためか?個人的になんだかいろんな神様やらが集まりすぎている印象が・・
北品川の品川神社05 北品川の品川神社06
こちらは富士講の富士塚なのでしょう(詳しく確認はしていませんが、浅間神社もありましたし)
北品川の品川神社10
小高い丘にたつ神社から、富士山を見立ててさらに高く積まれた石積みにつくられた急な階段
北品川の品川神社07 北品川の品川神社08
第一京浜、旧東海道方面を見渡すと・・・今は京急の高架線と住宅やビルばかり
北品川の品川神社11
東海道を行くかつての旅人たちが見ていた景色とはだいぶ違うんでしょうね
北品川の品川神社12
ちなみにこんな愛嬌のあるカエルさんもいました。まぁなんでもありなのかな・・
熱心に参拝されている方々もいましたし、由緒ある場所を訪れて興味深かったです

品川神社
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/09_shinagawa/9001.html

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)