カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「兵庫県 」カテゴリ記事一覧


豊岡いろいろ

11月中旬に訪れた兵庫県豊岡の町、駅周辺(といっても10分以上はある距離ですけど)の
カバンストリートや奇妙な形をした交差点、寿ロータリーのほかにみかけた建物など紹介
豊岡いろいろ01
屋根の形が特徴的なJR豊岡駅。知っている人は知っていると思いますが豊岡は野生の
コウノトリを育成する町、駅前の看板や自動販売機などにもコウノトリのオブジェがあります
豊岡いろいろ04 豊岡いろいろ05
なんの証拠も写真もないのですけど、豊岡に向かう途中の田畑でシラサギよりも大きな白と
黒のタンチョウヅルのような鳥をみかけたんですけど・・あれがコウノトリだったのかな?

駅からカバンストリート方面に向かう途中には白亜の壁が印象的な豊岡市役所
豊岡いろいろ02
自分の写真では照かりすぎてますけど、実際曇り空でみかけても綺麗な白い外観
よくみるとところどころに装飾が施されおり、中央の青い紋章は市の市章
豊岡いろいろ06 豊岡いろいろ07
平仮名の”と”の字をモチーフにし6つの市町村が合併したことを表しているそうです、躍動感ある
デザインに豊岡駅もそうですがてっきりコウノトリのイメージしているのかとか思ったり
豊岡いろいろ03
商店街を歩いていると市役所のほかにも歴史を感じさせる洋風建築の建物を発見
豊岡いろいろ08 豊岡いろいろ09
アーケードになっている歩道の屋根の上にも、リリーフをほどこした建造物があるなど
なかなか面白い構造。右上はちょっと違うかもしれませんが、古風、レトロ
町並みを散策するのが好きな方には興味深いのではないでしょうか

とよおかスケッチ
http://www.toyo-kan.jp/

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

青い羽根したお腹の赤い鳥

兵庫県豊岡の町を散策している途中でみかけた青い羽根をしたお腹赤い色をした野鳥
青い羽根と赤いおなか01 青い羽根と赤いおなか02
この日はあいにく曇り空だったので写真が暗くわかりづらいので唯一顔を向けていた写真を
すこし鮮明に画像加工してみました。いささか不自然かとは思いますがこんな感じです
青い羽根と赤いおなか01
野生の生き物なのでこの写真一枚以外はほとんどこっちを向いてくれません。こちらに
ニンゲンがいるのに気づいているのかな?そんな気持ちにもなってきます
青い羽根と赤いおなか05 青い羽根と赤いおなか04 
特徴的な羽根と体の模様なのですが該当するトリとなるとイソヒヨドリ?沖縄でも見かけた
ツグミの仲間、兵庫県の豊岡(の場所を示すものがありませんが)って案外山間部なので
「イソ」と名前がつくように磯や岩場に多く生息するので別の種類の鳥だったのかな?

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

屋根穿つカキの木

豊岡の市内を散策中にみかけた、の木が建物の屋根を突き破って生えている光景
カキの木01
個人のお宅なのであんまり撮影しちゃまずいとは思ったのですが道路沿いからもよくみえた
風景だったの撮影。地元やネット調べると出てくる有名な場所かな(あえて調べてませんが
カキの木02 カキの木03
ズームしてみても間違いなくカキの木、まだ晩秋の時期だったので鈴なりに実。ただ秋の
時期にあれだけなっているということは・・・渋?作り物ってことはないでしょうけど

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

豊岡の寿ロータリー

兵庫県豊岡の「寿ロータリー」、パンフレットやネットの地図サイトなどを確認するとわかる
のですがこの場所、上空からみると円形の敷地の周りを道路が走っている場所
寿ロータリー01
ただ観光地になっているわりに地上から見ると中央に丸っこいような公園(寿公園)があるだけ、
まして自分の写真構図だとわかりづらくて伝わりづらくてもうしわけないかぎりです
どこか別の高台から見えたかも?そこまで確認できなかったですがあると便利
寿ロータリー03 寿ロータリー04
いわゆるラウンドアバウト(環状交差点)という道路なのでしょうか?もともとパリの
エトワール広場をイメージして大正時代に整備されたものだそうです。先進的?
寿ロータリー02
ちなみに中央にゲームの大魔王様みたいに鎮座されているのが、豊岡の上水道の
基礎を築いた中江種造という人物の銅像。真ん中にドンといて威圧感あります
寿ロータリー05 寿ロータリー06
それににしても、この「寿公園」ってどうやっていくのでしょう?道路には横断歩道も
ないようですし、案外交通量もあるので渡るのは難儀そう。公園とはいえ魔王様しか
いない、遊具もない緑地なので自分が地元の人だったらいかないかな(失礼


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大石りく生誕地と豊岡図書館

カバンの生産地として有名な兵庫県豊岡市、観光パンフレットを片手に散策していると
江戸時代、豊岡藩の武家屋敷があった場所があるようなので足をはこんでみることに
豊岡城下町04 豊岡城下町05
このあたりかな?と思いたどり着いた場所には元禄時代の豊岡城城下町を示す地図と
「大石陸女生誕之地」(大石りく)という石碑が立っていました。左上の看板でも紹介している
ように「忠臣蔵」の大石内蔵助こと大石良雄の妻である”りく夫人”は豊岡の生まれとのこと
豊岡城下町01
豊岡にはほかにも大石りくが眠るお墓などがあり、赤穂浪士討ち入りの12月14日に
合わせて「豊岡義士会」による「豊岡義士祭」というものが行われるそうです

さらに近辺を歩いてみると立派な門扉がそびえたっていました。実はこれ「豊岡市立
図書館」の入口。図書館自体(自転車置き場も)も武家屋敷のたたずまいを残した建物
豊岡城下町02
旅行の際に見つけた自分は撮影していましたけど、観光施設というものではなく市民が利用する
目的のためなので地元の方には珍しくないとみえ朝早くから地元の人が出入りしていました
豊岡城下町06 豊岡城下町07
ちかくに小学校や高校なども学校もあり学生の声や姿もちらほら見かけたり
豊岡城下町03
ちなみに当時の武家屋敷、家屋自体が残っているといるわけではなさそうでしたが
町並みはそのころから変わっていないのか?雰囲気はそれっぽかったです

とよおかスケッチ
http://www.toyo-kan.jp/


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)