「坊ちゃん列車の客車」と「子規と野球の碑」

愛媛県松山市、俳聖・正岡子規の過ごした家を再現した史料館・子規堂の正面、
坊ちゃん列車の客車」と「子規と野球の碑」(写真左側にかろうじて写っています)
坊ちゃん列車の客車01
文豪・夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台となった松山の市内を走る坊ちゃん列車の客車
坊ちゃん列車の客車03 坊ちゃん列車の客車04
夏目漱石も「坊ちゃん」を書いた人として胸像というよりも顔だけの像。こんな顔でしたっけ
坊ちゃん列車の客車02
正岡子規というと病弱な印象がありますが、日本に野球が導入されたころに選手(捕手)
として活躍したこともあり、野球選手時代の写真と石碑に刻まれています

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)