松が谷の矢先稲荷神社

台東区浅草上野の中間くらいの台東区松が谷を12月半ばに散策していると
まだ真っ黄色なイチョウの木をみつけて近寄ってみると「矢先稲荷神社」という神社にたどり着きました
矢先稲荷神社01 矢先稲荷神社02
鳥居をくぐると一本だけですがみごとな銀杏の木が植えられています。
矢先稲荷神社07
それほど広くない境内には黄色い葉っぱが散乱。この時期掃いても掃いても落ちてくるのでしょう
端っこのほうにすでに集めたイチョウの葉っぱが袋詰めにされていました
矢先稲荷神社03 矢先稲荷神社04
自分は撮影目的で偶然立ち寄った場所でしたが、本殿前には熱心に参拝される方がいました

本殿脇には鎮座370年の幟(のぼり)が見えます。こちらの矢先神社は江戸時代、
徳川家光公が武道の練成のために江戸浅草のこの地に三十三間堂を建立。
矢先稲荷神社08
この三十三間堂では弓の射技練成が行われて武士や町人に人気がでていたとのこと、
その守護神として稲荷大明神を勧請した際の逸話が「矢先」の由来になったそうです
ただ後年、浅草の大火で焼失してしまい移転したそうです。それでも浅草三十三間堂があったとは意外です
矢先稲荷神社05 矢先稲荷神社06
また拝殿の格天井には「日本乗史」が奉納されてるそうで、入口には「公開中」の張り紙がありました
矢先稲荷神社09
本殿内部で撮影するのはマズイとおもったのでわかりづらいですが、天井に貴重な絵が飾られています
偶然立ち寄った神社でしたがその歴史の深さに大変驚かされました

矢先稲荷神社
http://www.asakusa7.jp/yasaki.html
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)