あの日から2年・・・

2013年3月11年で未曾有の被害を出した東日本大震災から今日でまる二年。
ネットやTVなど各メディアは、いまだ復興の途上にある東北地方を中心に話題を取り上げるのでしょうが
個人的に地元が千葉県旭市であるため、津波被害のあった飯岡地区の状況を紹介。

震災から2か月後、5月に帰郷した際にも訪れた飯岡灯台のある刑部岬からの光景
あの日から2年01
この日は曇っていたため遠くまで見えませんが晴れた日には九十久里浜が一望できます
あの日から2年08 あの日から2年09
津波が押し寄せた漁港には現在は船が停泊しています。
あの日から2年02
あの日7メートルを超えた津波があったことがウソのように穏やかな海です。
あの日から2年11 あの日から2年10 
灯台の展望台で撮影しているとネコを発見
あの日から2年03
高台から降りて海岸線を歩いて移動することにしました。
何気なく通りすぎた石塀、かつてここには家屋が建っていたはずです
あの日から2年12 あの日から2年13
またこちらのお店は、2011年5月に訪れた際に仮店舗の看板を立てていたお店です
あの日から2年14 あの日から2年15
陥没や破壊された道路は修繕され見た目、順調に復旧が行われているようにみえますが
場所によっては、まだあの日のまま放置されたままの場所もあるようです。
あの日から2年04
住宅、人的被害があった八軒町地区は新しく家屋を建てている家と
あの日からそのままとなり自然のまま雑草が生えている場所も見られます。
あの日から2年16 あの日から2年17
東北地方の沿岸部では海から離れて高台への移転などの話、問題がありますが、
こちらの地区ではそのままということなのでしょう。でも海との距離を見ると・・
あの日から2年05
こちらはまだ真新しい「千葉県旭市飯岡津波被災の碑」です。
あの日から2年06
石碑を確認すると建立されたのは2013年2月10日、
この下には30年後の開封を予定したタイムカプセルが埋められています

さらに海岸線を移動していると今後、将来への津波対策でしょうか?
あの日から2年18 あの日から2年19
以前は見られなかった「金網」や「避難櫓」などが建設されていました。
あの日から2年07
被害の規模や復旧のペースをこの地区の状況と東北地方とを単純に比較するものではありませんが、
忘れてはいけないことであると改めて思いました

以前訪れたときの様子
http://tekopen.blog40.fc2.com/blog-date-20110506.html
http://tekopen.blog40.fc2.com/blog-date-20110507.html
http://tekopen.blog40.fc2.com/blog-date-20110508.html

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)