八戸市水産科学館マリエント

日本一のウミネコの繁殖地、蕪島(かぶじま)から徒歩5~10分。
海沿いに面した場所に立つ真っ青な建物「八戸水産科学館マリエント
八戸水産科学館マリエント01
まだ「こどもの日」の前だったので「こいのぼり」が飾られていました。
ただ海風がものすごく強くて「なびく」という悠長な状況ではなかったんですけど,,,
八戸水産科学館マリエント08 八戸水産科学館マリエント09
1階は海岸、上階は高台を結ぶ建物構造になっており、屋上からは別記事で紹介した蕪島や八戸港が望めます
八戸水産科学館マリエント07 八戸水産科学館マリエント10
内部の展示施設は有料になっており(イベント、展望スペースなどは無料)、
八戸近海で捕れる介類や珍しいなどが展示されていて、ちょっとした水族館のようです
八戸水産科学館マリエント02
こちらの水槽に展示されていたトラザメはタマゴを産んでいました。サメといってものんびりした雰囲気です
八戸水産科学館マリエント12 八戸水産科学館マリエント11
ヤドカリとカニとサカナたちが一緒に入った水槽。なんとなくのどかな光景に見えました
八戸水産科学館マリエント05
こちらのカラフルなたちは八戸近郊のサカナではないのでしょうけど,,,
八戸水産科学館マリエント14 八戸水産科学館マリエント13 
「フウセンウオ」なんて奇妙な?愛嬌のある展示
八戸水産科学館マリエント03
飼育員の方々のあたたかい手作り感のある説明書きも微笑ましく感じます
八戸水産科学館マリエント15 八戸水産科学館マリエント16
ウミネコの生態を学べるウミネコパラダイスもあり、こんなウミネコのオブジェもありました。
八戸水産科学館マリエント04
わかりづらいですが左下の水槽の写真にはウミガメがいます。3匹いますがそれぞれ特徴的でした
八戸水産科学館マリエント19 八戸水産科学館マリエント20
ほかにも深海探査船「ちきゅう」を紹介するコーナーなどもありますが、詳しくは現地で

また八戸を代表する海産物、イカをモチーフにした斬新なブース。
八戸水産科学館マリエント06
イカの体内にあたるドーム状のスペースにはゲームなどもあり烏賊(いか)について深く知ることができます
すぐちかくには深海の生物を紹介したコーナーや八戸港でとれた珍しいエビなんても展示
八戸水産科学館マリエント17 八戸水産科学館マリエント18
ゴールデンウィーク中の休日だったので開場そうそうから多くの家族連れが訪れており
八戸近海イカウミネコについて楽しく学べる人気の施設でした

八戸観光情報
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/kanko/
関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)