セミの抜け殻と”中身”

タイトルどおりムシ、昆虫写真が掲載しています。とくに苦手な方、また平気な方でも
虫のなかでもかなり好き嫌いに差のある内容と思いますのでご了承願います

真夏の都内公園。林の中を歩いていると木々の根元から幹にいたるまでセミの抜け殻を多数発見
セミの抜け殻と中身01
個人的に昆虫は種類によっては苦手なものもありますが、たいてい大丈夫ですがこの量は・・・
なかには枝先まで抜け殻が集まっていた木もあります、地上から這い出て先端まで歩いていたんでしょう
セミの抜け殻と中身09 セミの抜け殻と中身10
こちらの公園で多く見かけたのはこの薄茶色をした小型の抜け殻
ニイニイゼミの幼虫のものですかね。中はどうなっているのかな?ヌケ~
セミの抜け殻と中身02
あたりを見回すと小さな穴があいているのにも気が付きます。ここからみなさんでてきたのかな?
セミの抜け殻と中身07 セミの抜け殻と中身08
直接、出てきたというわけではありませんが、頭上の枝にニイニイゼミを発見。
あれだけ大量に抜け殻があれば一匹、二匹は”故郷”に大人がいてもおかしくはなさそうです
セミの抜け殻と中身04
さらに少し別の林に移動するとこちらには東日本の代表的なセミ、アブラゼミの抜け殻もたくさん。
セミの抜け殻と中身05 セミの抜け殻と中身06
こちらも中身とは違うかもしれませんが、成体のアブラゼミが鳴いていました
セミの抜け殻と中身03
都会で緑の限られた場所だと、セミたちも密集状態になり長年地中にこもって、
やっと外にでたと思ったら「脱皮」のラッシュ状態に巻き込まれていたかと思うと
夏の暑さも盛り立てるかまびすしい鳴き声も少しぐらいは許せるかな

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)