船橋地名発祥の地「長寿の橋」

千葉県船橋市、船橋大神宮からJR、東武線の船橋駅方面に向かうと
ちいさな河川にかかる橋、欄干をみるとなにやら意匠がほどこされていました
船橋の長寿の橋01
船橋地名発祥の地 長寿の橋」と名前が彫られており、船橋由来するものや下の方に飾らている
奇妙な顔の焼き物は船橋で行われる「ばか面おどり」で使われるお面をかたどっているそうです
船橋の長寿の橋06 船橋の長寿の橋05
こちらの看板によれば、船橋の地名はかつて、この海老川には橋がなく古代の英雄(?)を
小舟で渡し橋代わりにしたという逸話が地名のもととなったと書かれています
船橋の長寿の橋03 船橋の長寿の橋04
橋中央には(の船)に乗る神様でしょうか?銅像が置かれています
船橋の長寿の橋02
ちなみに橋の反対側の欄干にも同じような史跡がありました(交通量があり渡ることできず
確認できませんでしたけど)思わぬ所で地名発祥を知ることができました

船橋市観光協会
http://www.funakan.com/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)