地面からニョキニョキ

春は地面からニョキニョキと草木が生えてくる季節、こちらの植物園でみかけたのはこんな植物
地面からニョキニョキ01
浦島太郎の釣竿、釣り糸みたいにピョンと伸びた器官が特徴の「ウラシマソウ」の花
地面からニョキニョキ05 地面からニョキニョキ06
花といっても奇妙なロウト状をしていて「咲く」というのもなんだか奇妙な感じです
地面からニョキニョキ02
こちらの花には紐状の付属品がありません。植物園なので手入れをしているためか?
自然と折れてしまったのかはた、また誰かが故意に柵を乗り越えて折ったのか?

ウラシマソウ」が生育した場所から少し離れた場所に似たように地面からニョキっと生えた花?
地面からニョキニョキ03
名前は「ムサシアブミ(武蔵鐙)」というそうですが、正直花なのか?葉っぱなのか?どこが
どうなっているのかいまいちわからない印象をうけた草です。おまけに少し変形しているので益々
地面からニョキニョキ07 地面からニョキニョキ09
正確には大きな葉が2枚、小葉3枚の間から「鐙」(あぶみ)のような形の仏焔苞(ぶつえんほう)が
出てきていてその中に花があるそうです。仕組みはウラシマソウなどと同じですけどだいぶ印象が
地面からニョキニョキ04
どちらもサトイモ科の植物ですけど、ふだん目にするいかにも「花」というものとは違って
やっぱり奇妙、不気味という印象をうけてしまう不思議な植物たちでした

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

こんばんにゃん☆
コブラかと思ったにゃん・・・☆
あはっ☆
いつもありがとうにゃんね☆
Re: こんばんにゃん☆
魔女猫さんコメントありがとうございます
> コブラかと思ったにゃん・・・☆
 野生でみたらビックリするでしょうね(^^
 たぶん”噛みついては”こないけど
不思議な形ですね。
ishigeさん、こんばんわ

ウラシマソウって言うんですねぇ~
今の時期、山でコレとよく似た植物を見かけます。
「マムシグサ」と言って同じサトイモ科の植物なのですが
調べてみると少し違うようですね。

「ムサシアブミ」も「ウラシマソウ」に、よく似ていますね。
『ムサシ』と名前に付くので、埼玉県に関係があるのかと思いましたが
関係無いようですね(笑)

いや~植物は奥が深いです。
Re: 不思議な形ですね。
オニオン/さんコメントありがとうございます
> ウラシマソウって言うんですねぇ~
> 今の時期、山でコレとよく似た植物を見かけます。
> 「マムシグサ」と言って同じサトイモ科の植物なのですが
> 調べてみると少し違うようですね。
 逆に自分は「マムシグサ」って見たことないんですよね(^^
 一度は見てみたいですけど、自然界でみかけたら
 結構びっくりしてしまうでしょう
> 『ムサシ』と名前に付くので、埼玉県に関係があるのかと思いましたが
> 関係無いようですね(笑)
 自分も似たようなこと思いました(^-^
 

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)