鳴門の大塚国際美術館その1

鳴門渦潮見物のあと観光マップをみると美術館があることを知りせっかくなので立ち寄ることに
大塚国際美術館101
うずしお観潮船乗り場から徒歩5~10分にある美術館「大塚国際美術館
大塚国際美術館107 大塚国際美術館108
入館料は少々お高めだったのですが、それもそのはずこの巨大なエスカレーターが物語るように
建物の大きさ、広さ、規模と所蔵作品の量、常設展示スペースは日本最大級とのこと
大塚国際美術館102
正面玄関からエスカレーターを上り最初に目に入るのはシスティーナ礼拝堂さながらの
ミケランジェロの巨大な壁画「最後の審判」が描かれた「システィーナホール」
大塚国際美術館109 大塚国際美術館110
一見ホンモノ?と思ってしまいますがこの美術館に展示されている作品は「美術陶板」技術で
細密に復元された原寸大の作品。それらが1000余点展示されている世界初唯一の美術館
大塚国際美術館103
美術館はB3にはおもに古代、中世の作品が環境空間をそのまま再現して展示。その臨場感は
実際にその場所にたっているようです。ところどころ時代の違う作品も展示もされています
大塚国際美術館111 大塚国際美術館112
なおカメラ撮影は作品のみおよび商業用の撮影、三脚やフラッシュ撮影はNG
大塚国際美術館104
神話や宗教をモチーフにしたフレスコ画、壁画など古代の息吹を感じさせる作品群、
空間自体が作品のようなものなので写真で切り取っても正直、雰囲気が伝わるかどうか・・
大塚国際美術館113 大塚国際美術館114
B2階はルネサンス、バロック時代の作品が展示。有名なアンジェリコの
「受胎告知」以外にも同じようなテーマで描いた受胎告知の絵画も多数展示
大塚国際美術館115 大塚国際美術館116
徐々に時代が進み作風が徐々に変わっていくのもこの美術館の面白いところ
大塚国際美術館106
この日、夏休みということもあり正面玄関付近は多くの来場客がいていささか窮屈に
鑑賞していましたがすでにフロア2を移動しただけでだいぶ人が少なくなっています
大塚国際美術館117 大塚国際美術館118
じっくり鑑賞する人と自分のように足早に美術品を見る人でだいぶペースがわかれるようです
大塚国際美術館105
当初は目についた作品を片っ端から撮影していましたがだいぶ端折り気味
大塚国際美術館119 大塚国際美術館120
まだまだ時代は中世、館内はやっと半分くらいなので続きます

大塚国際美術館
http://www.o-museum.or.jp/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)