ツルボと小さなクモ

千葉県の郊外の散策していると草むらにツクシのように淡い紫色をした花がニョキニョキ生えていました
ツルボと小さなクモ01 ツルボと小さなクモ02
穂のような総状花序を詳しく見るとその一つ一つがれっきとした花の形をしており神秘的
ツルボと小さなクモ05
名前は「ツルボスルボ)」というユリ科の植物。地面からすっと伸びる点では似ていますが
咲いている花びらからはちょっと意外です。以前別記事で紹介した「パイナップルリリー」のよう

いくつか撮影していると穂先に白いものをつけた個体を見かけました
ツルボと小さなクモ03 ツルボと小さなクモ04
最初、じっと身動きひとつせずにいたので葉っぱ?貝殻?ゴミ?と
判別ができませんでしたけど、よくみると真っ白な小さなクモ蜘蛛)です
ツルボと小さなクモ06
クモや昆虫が苦手な方には申し訳ありませんけど、小さなツルボの花とそこに
巣食う小さなクモというのはなんとも小さな小さな世界が広がっていると感じました

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)