ツリガネニンジンの花

千葉県郊外の草むらに小さな釣鐘型をした薄紫色の花を見かけました
ツリガネニンジンの花03
後日名前を確認し「ツリガネニンジン」(釣鐘人参)の花と思えます
ツリガネニンジンの花02 ツリガネニンジンの花01
ちなみに「ニンジン」の名前がついているのは根っこが白く太く高価な漢方薬として珍重される
「朝鮮人参」に似ているから、「ツリガネニンジン」自体の根っこも薬効があるそうです
ツリガネニンジンの花04
別名を「ツリガネソウ」(釣鐘草)。と紹介されているサイトもありましたけど一般的に
ツリガネソウというと春から夏にかけて咲くなので、この花を見たのは9月上旬。
その辺りで別の植物と区別がつくのでしょうけど、この花びらの形をみると
ついつい「ツリガネソウ」とか言いたくなります

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)