偕楽園好文亭からの眺望

茨城県水戸市、「萩まつり」開催中の偕楽園。敷地内に建つ「好文亭」(こうぶんてい)を見学
偕楽園好文亭からの眺望09 偕楽園好文亭からの眺望08 
写真右側は偕楽園の正門にあたる好文亭表門。カメラの具合で光ってしまいましたが
実際は松の材木を多く使って松煙色(黒色)の黒の印象的な門扉になっています
偕楽園好文亭からの眺望04
何度も偕楽園には行っているのですが、いつも梅の時期で大変観光客の多いときなので
好文亭の見学は避けていたのですが、今回はまだそれほど人もいない時間だったので
偕楽園好文亭からの眺望02
好文亭は水戸藩の第9代藩主・徳川斉昭公が自ら設計した木造2層3階建ての建物
偕楽園好文亭からの眺望06 偕楽園好文亭からの眺望12
一階には四季折々の花々、植物の襖絵が描かれた部屋が残されています
偕楽園好文亭からの眺望05
今は電気の光で人工的な照明ですが当時はロウソクなどでさらに幻想的だったのでしょう
偕楽園好文亭からの眺望13 偕楽園好文亭からの眺望07
建物、2階に上がると偕楽園園内およびから千波湖周辺を一望
偕楽園好文亭からの眺望10 偕楽園好文亭からの眺望11
まだ紅葉には早く、木々の色も色鮮やかですが夏の時期のように暑くもなく
冬のように寒くもないちょうどよい陽気、とても気持ちの良い初秋のいぶきを感じる眺望でした
偕楽園好文亭からの眺望01
昔の人たちもこの眺めを見ながら和歌や詩歌を楽しんだのでしょうかね
偕楽園好文亭からの眺望03
先述のように、ウメの花が見ごろの時期は好文亭も混みあってしまいますがハギの花が
見ごろでかつ過ごしやすい秋の初めぐらいにゆっくりみることできてとても楽しめました

偕楽園
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

素晴らしいですねぇ~
ishigeさん、こんばんわ

好文亭、素晴らしい建造物です。
二階からの庭園の風景もいぃ~眺めですね(^^)d

休日にのんびりと過ごすには良い所だと思いました。

ishigeさんは、よく偕楽園へ行かれてるんですね。

先日の台風18号の影響で偕楽園は水びたしになってしまったようですが、ishigeが訪れた時は晴天でタイミングでしたね。(^-^)/
Re: 素晴らしいですねぇ~
オニオン/さんコメントありがとうございます
> 好文亭、素晴らしい建造物です。
> 二階からの庭園の風景もいぃ~眺めですね(^^)d
> 休日にのんびりと過ごすには良い所だと思いました。
初春のウメの時期は多くの人で賑わっていたので
倦厭していましたがこんな風景が広がっているとは(^^)
混んでいる時は無理ですが季節をかえれば
のんびり眺めることも

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)