立派な鬼瓦?

どーんと迫力ある鬼瓦おにがわら)。たいてい寺院、お寺の屋根などにかかっているものです
おにがわら01
実はこれ台東区浅草のとある大手居酒屋チェーン店の看板の上に取り付けられたモノ
おにがわら04 おにがわら03
観光地の浅草なので知っている人は「あすこの呑み屋の看板じゃないか」と
わかると思います(じゃっかん看板の一部をさりげなく写し込んでみたりして)
でも看板の真上の壁に取り付けられて、知らない人もいるかも
おにがわら02
どこにでもあるチェーン店でも浅草という土地柄、こんな独自の和風テイストの
装飾が施されているとはちょっと粋(いき)な演出といったところでしょうかね

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
こんにちは。

わざわざ看板にするためにこれを作らせたにしては作りが随分しっかりしていますし、これは実際に何処かの屋根にあったものを葺き替えの機会にでも譲り受けたのですかね。鬼の顔だけで隣の窓に匹敵する大きさがありますから、この規模の鬼瓦を実際に付けるとなるとかなり大きな伽藍の上でないと釣り合わないですし、だとすると結構な由緒のあるお寺のものだったかも知れませんね。
Re: No title
kanageohis1964さんコメントありがとうございます
> わざわざ看板にするためにこれを作らせたにしては作りが随分しっかりしていますし、これは実際に何処かの屋根にあったものを葺き替えの機会にでも譲り受けたのですかね
そうなんですよね、たかが(といっては失礼ですが)
居酒屋のオブジェにしては手が込んでおり、
何処かで使われていた鬼瓦かとも思ったとも
思うのですが、寺の屋根につけるにしても
相当な大きさ。いろんな推論がでるのも
また楽しいかも(^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)