地面から伸びた触手?

10月なかばに訪れたとある日本庭園の日陰でみつけた奇妙な植物のようなもの。
なお、本記事は触手ムシっぽいモノ、生き物が群生しているモノが苦手な方はご注意ください
地面から伸びた触手01
葉っぱもなければ茎もないので一般的な植物というよりもキノコ、菌類の一種なのでしょう
地面から伸びた触手03 地面から伸びた触手02
調べてみると、シロソウメンタケ科のムラサキナギナタタケというキノコでしょうかね?名前は
ソウメンとか美味しそうですけど、どうみても生き物の触手ムシっぽく少しグロテスクかも
地面から伸びた触手04
当初、コケむした地面に生えているのを見かけたのですが、コケのある場所ばかりではなく
園内の日影にはたくさん群生していました。これだけ生えていると不気味さも感じてしまいますが、
あまりに群がっているので妙に違和感なく自然に見えてきてしまうのがまた不思議でした

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)