枯草とチョウチョ

公園の花壇で枯れかけていた草。よくみると小さな灰色のチョウチョが一匹止まっています
枯草とチョウチョ03 枯草とチョウチョ02
蝶がいる草は「メドハギ」(筮萩)という植物(雑草)ですけど、茎も葉っぱも薄茶色く変色し
どうみても枯れています。花は10月ごろまで咲くようですが撮影した11月中旬は花も終了
枯草とチョウチョ01
なので花の蜜を吸いに来たわけではなく偶然休んでいただけでしょう。でも枯れた草むらの中に
一匹だけで白、灰色したものがいると案外目立つモノです。蝶々はシジミチョウの仲間かな?
晩秋になると虫たちの活動期も終わりに近いので残り少ない時間を謳歌してほしいものです

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
おはようございます。シジミチョウまだいるんですね。頑張っていますね。
私、シジミ蝶が好きなもので、つい(*^_^*)
No title
今晩は。季節はずれの蝶。これからどうするんでしょう?
花も枯れて蜜が取れないでしょうに。
心配してもしょうがないことかもしれませんが、
なんとなく気になります。
Re: No title
suzuさんコメントありがとうざいます
> おはようございます。シジミチョウまだいるんですね。頑張っていますね。
> 私、シジミ蝶が好きなもので、つい(*^_^*)
 モンシロチョウやアゲハチョウよりも
 かなり小さなチョウチョ、本当に
 シジミくらいですよね(^^;
Re: No title
さんいーさんコメントありがとうございます
> 今晩は。季節はずれの蝶。これからどうするんでしょう?
> 花も枯れて蜜が取れないでしょうに。
 この日も11月としては寒い日だっだので
 弱って疲れて休んでいるんでしょうかね
 もしくは産卵とかだと命をつなげてるとか
 思っちゃうです(^ー^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)