天空の城・竹田城跡

今年の関西方面旅行の目的のひとつ、天空の城、日本のマチュピチュなどと形容される
兵庫県朝来市の国史跡「竹田城跡」。何かと話題なので一度見てみようと足を運んでみました
天空の城竹田城跡06 天空の城竹田城跡12
姫路駅から各駅停車でおよそ1時間半(特急や観光シーズンには観光快速もでてますが)、
JR播但線・竹田駅に到着し、そのあとバスで20~30分、直接城跡には行くことはできず
一番近いバス停留所、駐車場からさらに坂道を15~20分を歩かなければなりません
天空の城竹田城跡01
途中、風光明媚な場所もありましたが、山頂に白い石垣が見えてきました
天空の城竹田城跡14 天空の城竹田城跡15
城跡敷地内は有料。ところどころにスタッフの人がおり説明などを聞くことができます
天空の城竹田城跡02
結構有名なので知っている人は知っているとは思いますが、もらったパンフレットによれば
別名「虎臥(とらふす)城」、南北400メートル、東西100メートルの規模を誇り、
嘉吉元年(1441)に山名氏と赤松氏の対立の際に山名持豊が築城したといわれています
天空の城竹田城跡07 天空の城竹田城跡08
その後、羽柴秀吉の但馬攻めのおり秀吉が城代となり、織豊方の拠点城郭となったそうです
ただ関ヶ原の合戦のあとは廃城となっていたそうです。今から考えれば400年以上も前です
天空の城竹田城跡03
ニュースで知っている人もいるとは思いますが事故があったため一部入ることはできませんが
ツアー客や公共機関や自家用車などで多くの観光客であふれています、常時数十人単位かな
天空の城竹田城跡13 天空の城竹田城跡11
現在は石垣だけがのこり天守閣も建物すらない場所ですが、かつては
ここに巨大な城郭が建っていたかと思うと、先人たちの労力には舌をまきます
天空の城竹田城跡04
なお発掘の結果ここからは食器など生活用品をが見つかっていないそうで、この場所に
居住していたとは考えにくく、城の人たちは普段は山の下にすみ、いざというとき?
有事の際に山城に登ったと考えられています。今でも山道は40~50分かかるそうですし
天空の城竹田城跡05
ちなみに天空の城といわれるゆえん、雲海にうかぶ姿は言わずもがなこの場所、
城跡からみることはできず、まわりの山々からでしか見ることができないそうです
天空の城竹田城跡09 天空の城竹田城跡10
秋の時期、この日も麓では朝方深い霧に包まれていたそうなので撮影をしていた人たちが
いたのでしょう(でもそれでも運が良ければだそうです)。もちろん、ここから見えた風景だけでも
十分素晴らしい景色でした。大切に残し後世に伝えてほしい史跡です

竹田城跡の概要案内 - 朝来
http://www.city.asago.hyogo.jp/0000001275.html

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)