落ち葉散り冬へと

12月中旬の東京、新宿区の「新宿御苑」。この日は気温こそすっかり冬の陽気だったのですが
まだ色づいたモミジイチョウが残っており、晩秋を感じる園内。そんな園内で見かけた風景

園内の外周、木々の生い茂る辺りを歩ていると舗装された歩道を埋め尽くすイチョウの葉
落ち葉散り冬へと02
森のような場所で木漏れ日が差し込み、黄色い銀杏と常緑樹の葉っぱで黄色と緑の空間
落ち葉散り冬へと05 落ち葉散り冬へと06
ときおり冷たい風が吹き抜けると一面にイチョウの葉っぱが落ちてくるさまも神秘的です
落ち葉散り冬へと03
たくさん舞い散っていたのですがその瞬間というのはなかなかカメラに収めることはできません
落ち葉散り冬へと07 落ち葉散り冬へと04
そんな真下にいるベンチイチョウなどの落ち葉たちが占領されています。本来なら
人間が座るはずですがこれだけ積もっていると避けて座ろうって無粋な人もいないかな
落ち葉散り冬へと01
すでに12月で大雪に見舞われている地域もあり冬の景色はさまざまですけど(自分の
写真では雰囲気が伝わりづらいかもしれませんが)その場所、空間にいるとどれも
秋から冬へと移り行く季節を感じる光景でした

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)