シュロガヤツリの花

植物園の温室、水辺の植物が育成された区画でみかけた「シュロガヤツリ」という植物
シュロガヤツリ01 シュロガヤツリ02
温室に育てられていており名前がカタカナ表記だったので、海外の植物かと思いきや名前は
漢字で「棕櫚蚊帳吊り」と書き日本でも九州南部に自生しているカヤツリグサの仲間だそうです
シュロガヤツリ04
カヤツリグサというと名前は知らなくても一度はみたことあるとは思う、郊外の道端などに
生えているいわゆる雑草といわれてしまう草。こちらの品種は1メートルくらいの大きさに
なるそうで、こちらで見かけたものも放射状に広がった葉っぱや茎はかなりの大きさでした
シュロガヤツリ03
さらによく見ているといがぐりのように尖がった緑色の花が咲いています。キレイというような
花びらではありませんが、道ばたでみる野草のものよりも大きく、珍しく感じました

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)