小さな大仏?鎌ヶ谷大仏

「小さい」「大仏」となんだかタイトルが矛盾していますが、以前プロ野球キャンプ地としても
話題になった千葉県鎌ケ谷市、市内を通る新京成電鉄に「鎌ヶ谷大仏」駅という場所があります
鎌ヶ谷大仏01
その名のとおり駅をおりて徒歩2~3分の場所に通称・鎌ヶ谷大仏とよばれる大仏様が
建立されています。てっきり寺院などに置かれているのかと思いきや立っている場所は「墓地」
鎌ヶ谷大仏02 鎌ヶ谷大仏03
しかも高さ1.8メートルという大きさ(鎌ヶ谷が話題になったときテレビでも紹介されていたので
知っている人もいるかとは思いますが)実際にみると墓石のひとつかと見まごうほどの小柄な大仏
鎌ヶ谷大仏04
それでも歴史はふるく安永5年(1776)に当時鎌ヶ谷宿の大黒屋(福田)文衛門という人物が
造らせたものだそうで、現在は鎌ヶ谷市の文化遺産に登録されているそうです。大仏なのに
道路を挟んだ駅近くから撮影してしまうと見失うほどの光景はちょっと不思議でした

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

No title
今晩は。小さな大仏が墓地にある。
なんとなくありがたみがあるような気がします。
なんとなく合わないような感じですが、私は意外にあっているような気がします。
Re: No title
さんいーさんコメントありがとうございます
> 今晩は。小さな大仏が墓地にある。
> なんとなくありがたみがあるような気がします。
> なんとなく合わないような感じですが、私は意外にあっているような気がします。
 街の雰囲気などもあいまって本来不自然な光景でも
 案外自然にマッチしてまっている光景でしたよ(^^

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)