梅梢戯と先聖寺

愛知県犬山市、犬山城と昔ながらの城下町の町並みを残す本町通りを観光したあとに訪れた
梅梢戯先聖寺。当初、写真左の「梅梢戯」はお寺のものかと思いましたが別の史跡でした
梅梢戯と先聖寺01
本町通りから名鉄犬山線の犬山口駅方面に少し歩いた街道、旧稲置街道。本町通りの賑わいが
ウソのように観光客がほとんどいなくなっていたのですが街角で巨大な「梅梢戯」を発見

さらに奥には異国情緒ある寺院が見えたのでこれは参拝、見学せねばと思い足を運ぶことに
梅梢戯と先聖寺05 梅梢戯と先聖寺07
入口にもかかれていました「犬山の唐寺」というだけあって、中華風のデザインの建物
梅梢戯と先聖寺02
正面の石板や柱などには龍などの幻獣たちが彫られていて日本の寺院とはまるで違います
梅梢戯と先聖寺06 梅梢戯と先聖寺04
このときは誰もいなかったのでお堂のなかも見学、撮影しましたが一面あざやかな朱色
梅梢戯と先聖寺08
なお部屋の中央には金運などにご利益のある「さわり布袋」様が置かれていました
梅梢戯と先聖寺03
自分が参拝したときはホントウに人っ子一人いませんでしたけど、多くの方が熱心に「撫でたり」
「触っている」のか?布袋様、だいぶ金色が剥げてしまっています。メインの観光地から
ちょっと離れた場所で見つけた特徴的な史跡、寺院に出会えたことに感謝です

犬山観光情報
http://www.inuyama.gr.jp/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)