旭山動物園の「もうじゅう館」

旭山動物園の「もうじゅう館」。その名のとおり、こちらにはクマやライオンなどが飼育。
まず目には行ってきたのは北海道、いや日本を代表する最大級の大型哺乳類「ヒグマ
もうじゅう館05 もうじゅう館06
このときはだいぶ雨も降っていたのですけど活発に動き回っており、時折近寄ってくると迫力あり
もうじゅう館01
顔つきは愛らしさも感じるのですが主に肉食なヒグマ。これが襲ってきたら恐ろしい限りです。
もうじゅう館」の建物は2階建てオリの上部の方からも動物たちを観察できるようになってます
もうじゅう館07 もうじゅう館08
こちらは非常にわかりづらいのですが「クロヒョウ」、ヒョウの黒変個体といわれるといわれても
黄色い一般的なヒョウとはまた違った魅力があります。写真だと真っ黒ですけど、とくにこの子は
立ち姿が凛々しく、眼光が鋭いこと。またよく見るとヒョウ柄があるそうなのですが確認できず
もうじゅう館02
変わって「黒」ときたら今度は「白」ということで、「ユキヒョウ」、白い毛並に黒いぶち
もうじゅう館04
ケージが出窓のように突き出ていて、檻の下からも観察可能。思わず触ってしまいそうです
もうじゅう館09 もうじゅう館10
この日、アムールヒョウは一見するとどこにいるのかわからなかったのですが、檻の奥の
巣穴のような部分に入っていました。こちらも周囲を警戒しているのか目つきが鋭いです
もうじゅう館03
ちなみにライオンやトラ(アムールトラ)もいるのですが夜行性ということでごらんのとおり
もうじゅう館11 もうじゅう館12
活動的に動いている動物もいれば眠ってばかりの動物がいるのは動物園ならではですが
趣向にとんだ観察方式になっていてドキドキしながら見物できました

旭山動物園
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)