フラミンゴと「ととりの村」

9月の連休に訪れた旭山動物園、正門をはいって右手側に広がる「ととりの村」は夏期営業
期間しか開放されていません。そのすぐとなりのフラミンゴも夏場だけしか見ることはできません
フラミンゴと「ととりの村」04 フラミンゴと「ととりの村」05
最初フラミンゴも「ととりの村」という展示施設の一部なのかと思っていたのですが違うようです
フラミンゴと「ととりの村」01
どうやら別施設、「ととりの村」は自然の木々を生い茂らせて池にハクチョウカモたちを飼育
フラミンゴと「ととりの村」06 フラミンゴと「ととりの村」07
ただ池の鳥はそれほど珍しいとは言い難いかな?都心の公園でも良く見かけるカモなどですし
でもこの子はちょっと珍しい模様をしたカモ、確認すると「インドカモ」という種類かも
フラミンゴと「ととりの村」02
ちなみに下のケージ、なにか特別な生き物でも飼育しているのかと思いきや・・・
フラミンゴと「ととりの村」03
「何もいません」とのプレートが貼られています。でも思わず、そっちのほうが気になって
カメラを向けて撮影してしまいました。同じような人、いるんだろうなぁ

旭山動物園
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)