秋の三峯神社

11月3日、文化の日に訪れた埼玉県秩父市、三峯神社(みつみねじんじゃ)。秩父は何度か
訪れているのですが三峰方面を訪れたのは今回が初めて、せっかくなのでここまで着てみました
秋の三峯神社01 秋の三峯神社02
昼頃に到着しましたが、この日は休日でお出かけ日和ということで駐車場は満杯。神社までは
入口には「徒歩15分」と書かれていましたけど、坂道でしたが意外と早く到着(人それぞれ
秋の三峯神社12
白い三柱鳥居の両脇には狛犬ではなく阿吽の御神犬像が聖域を守っています。話には
聞いていましたが、三峰神社の使いは「山犬」(オオカミ)だそうで狛犬とはまるで違う雰囲気
秋の三峯神社03 秋の三峯神社04
奥に進むと右手側には数多くの石碑、灯籠が立ち並んでいましたけどあまり心惹かれず(苦笑
秋の三峯神社14
木々の量も増えてきたあたりに立派な風格の昔の仁王門「随身門」、ここには「三峰神社
秋の三峯神社05 秋の三峯神社06
こちらも2体の御神犬像。稲荷神社の狐などと同じく各所に置かれていて表情が違います
秋の三峯神社10 秋の三峯神社09
青銅鳥居をくぐると拝殿、本殿へとつながります。自分は路線バスでも一番先に下車した
ほうだったのでまだそれほど参拝客もおらず、すんなり参拝ができました(この話は後半
秋の三峯神社11
三峯神社、本殿にまつられている神様は日本神話の夫婦神・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、
伊弉册尊(いざなみのみこと)、1900年ほど昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が
東国の平和祈願に国生みの神様を祀ったとされるほど歴史ある神社です
秋の三峯神社13
ちなみに賽銭箱わきの石畳に説明書きがあり「龍の姿」が突如として現れたそうです。由緒ある
霊験あらたかな場所には不可思議なことも起こるものなのかと、他の参拝客もしげしげと
眺めてましたけど、どうでしょう?みなさんの目には竜のすがた見えるでしょうか
秋の三峯神社07 秋の三峯神社08
立派な彫刻、意匠で施された社殿をみながら境内をぐるりと回ってきたら物の数分で
拝殿の前には多くの参拝客がならんでいました。良いタイミングで参拝できました
この後、帰路と紅葉見物もかねて三峰神社の山道へと、それはまた別記事に

秩父三峯神社
http://www.mitsuminejinja.or.jp/

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)