コケ生した山林

前記事で柔らかそうなコケを見かけたあとに、山道を下っていくと山の影になる山林に到着
苔生した山林04 苔生した山林06
山影であまり日の光が当たらないためなのか?たっている樹木の幹、根っこから倒木した
木々など表面、および地面にもたくさんのコケが生えていて緑色の林がひろがっていました
苔生した山林01
(こけ)に詳しい人ならば見ただけでわかるのでしょうけど、少なくと前のコケとは違います
苔生した山林03 苔生した山林07
こちらのほうがしっとりしてヌメッとしているかな?それにしてもここまで苔生すまでどれくらいの
時間がかかったのか?そだった期間はわかりませんけど想像しがたいものを感じます
苔生した山林02
写真では伝わりづらいのですが、緑色に覆われて、登山者もおらず野鳥の声などの物音も
ほとんど聞こえない静寂な空間が広がっているさまはなんとも神秘的でした

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)