赤と黄色のセンリョウの実

冬場でも赤い実をつけるので縁起木として正月に飾る風習もあるセンリョウ(仙蓼)の実
赤と黄色のセンリョウ01 赤と黄色のセンリョウ02
撮影は12月下旬、都内の公園で手入れがされているだけあってたくさん実がついていました
赤と黄色のセンリョウ03
鮮やかな緑色をした葉っぱにこちらもつややかな真っ赤な実がとても映えます
赤と黄色のセンリョウ04 赤と黄色のセンリョウ05
正午過ぎの時間帯でしたが黄色がかった日差しで、同系色となってわかりづらくなって
しまいまいたけど、こちらの公園には黄色い実のセンリョウ(千両)もなっていました
赤と黄色のセンリョウ06
正月飾りで見慣れていて知っていると思いましたけど調べてみると黄色い実がつくのは
「キミノセンリョウ(黄実の千両)」という品種なのだそうです(知っている人には当たり前
なのかもしれませんけど)都内でも縁起物がみることができたのでご利益あるかな


関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)