薄紫色のフジモドキ

庭園の花壇でみかけたフジモドキ擬き)という草花、撮影したのは4月中旬
薄紫色のフジモドキ01
少し離れたところに咲いていてすぐ下に名札が付いていたので確認できたのですが
撮影しながら不思議だったのは『””の”擬き”の割にまるで形状が異なること』
薄紫色のフジモドキ02 薄紫色のフジモドキ03
後日調べてみると色合いがに似ているだけでフジモドキジンチョウゲの仲間だそうで、
チョウジザクラ(丁子桜)やサツマフジ(薩摩)という名前で園芸店では売られているそうです
薄紫色のフジモドキ04
でも『チョウジザクラ』を調べてみたらまるで違う花がでてきたりします。とりあえず、こちらの
フジモドキは小さな薄紫の花びらを咲かせているささやかな植物かと思いきや、これも萼(がく)が
変形したもの(本物は中央の黄色っぽいの)なんだか侮れませんなぁ

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)