ミドリの世界

奥多摩駅周辺(といっても場所を特定するものもありませんけど)の遊歩道で見かけた手すり
ミドリの世界03 ミドリの世界04
長年だれも触れていないためか、表面にがびっしり繁茂しています。手すりとしてはすでに
目的を果たしてはいないのかもしれませんが、自然が作り出した光景にカメラを向けることに
ミドリの世界01
一見すると同じようなコケばかりなのかと思いきや、いろいろな種類のコケが集まっています
それぞれ名前があって詳しい人には種類もわかるのでしょうけど、撮影しているだけで
ミドリの世界05 ミドリの世界06
小さなの群生をカメラに収めていると、自分のカメラの性能ではとらえきれないほど微細で
緻密な奥の深い緑色の世界が広がってくるのにはシャッターを押す指が止まりません
ミドリの世界02
こちらは偶然みかけたサルスベリの花が落ちて文字通り花をそえた光景。緑色のコケたちの
中にピンク色の花びらが際立っており、これもまた自然の芸術といったところでしょうか

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)