赤い花?いえ別モノつけた樹木

沖縄公園でみかけた背の高い樹木。遠くからみると生い茂る葉の間に赤い花が咲いている
タイワンモクゲンジ01
南国らしい植物と思い、カメラでズームしてみると、実は花びらではなく葉っぱのようなもの
タイワンモクゲンジ02 タイワンモクゲンジ03
後日調べてみると「タイワンモクゲンジ」という花木で、赤い花、葉のようにみえるのは「果皮」と
呼ばれるモノだそうで、この中に種子が入っているのだとか(知っていれば観察したかった
タイワンモクゲンジ04
本当の花は黄色く火花のような印象だとか。すでにタネができているので花はとうの昔に
散っており、みることはかなわず(撮影したのは10月初旬)。一年中、花々が咲いている
南の島というイメージがありますが季節の移ろいというのがあるのですね

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)